2007年01月04日

猪突猛進!

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。昨年の抱負で「並」「普通」「現状維持」あたりで行こうとか言ってたら、もう本当に普通というか、何の起伏もない1年をダラダラ過ごしたような感じになっちゃいまして…。んー、なんとも。

そんな感じで、かなりお久しぶりな更新です。前のエントリーのコメント、返信しようと思っていたのですが、完全にタイミングを逃してしまいました。申し訳ありません。

モンハン2のほうは最近サッパリプレイしてないんだけど、MMBB の契約はまだ活きています。期間限定で新年向けのクエストが配信されたみたいなので、久々に入ってみました。

イベントクエスト1月分情報(モンスターハンター 公式ポータルサイト)
お年玉クエスト「新春・大猪狩り!」 干支にちなんだクエストみたいやね。ドスファンゴがワラワラ出てくるのかな…?

マストオーダーはドスファンゴ「1頭」の狩猟。たった1頭カヨ! 難易度は★1です。でも受託条件には「防具未装備」って…なんだろうね。

……!!

blog07010401.jpg

でかっ!

うーん、そう来るか(笑) ていうか、突進食らうとほぼ即死でした。当たり判定大きすぎて避けられませんヨ。防具がないのもあるんだろうけど、攻撃倍率かなり上げてありますね、コレ。1時間ほどゾンビアタック繰り返して、どうにもならない感じがしたので諦めました。こんなの倒せないよー。高台乗っても食らっちゃうし。

でもやっぱり気になるので、ブログとかで情報収集。余裕で倒せたという記事があったので、参考にしつつ再挑戦です。

blog07010402.jpg

で、睡眠弾2発 → 電撃弾数発のコンボでアッサリ沈みました。HP は下位程度しかないようです。もちろんキングサイズ更新。ていうか、ドスファンゴって弱点多いんですね。ココまで考えて闘ったコトなかったわ(笑) 報酬はコイン系がメインでした。集めにくい魚竜のコインも高確率で貰えます。もっと早くこの手のクエスト欲しかったよね…。

blog07010404.jpg blog07010403.jpg

捕獲も可能。ペットにしてみました。

それにしても、モンスターハンターフロンティアの動きがないですねぇ。そろそろ続報が欲しいトコロ。
posted by ゆーし at 02:47| Comment(0) | TrackBack(0) | MONSTER HUNTER2

2006年07月19日

モンスターハンター2(5)

先週はモンハン三昧というかモンハン一色というか、そんな感じでした。ハンターランク100越えの友人に囲まれて、連日連夜の特訓モード状態。オカゲで順調にハンターランクも上がり、7月中には上位に行けるかも?という状況デス。なんだか狩りに出かけるというよりは、先生に引率されて遠足に行ってるような気分カナ…(笑) 配信されるイベントも2日に1回程度の頻度で内容が更新されるので、遊び場には事欠きませんね。

あーでも、プレイを開始してからすでに1か月は経過してるんです。普通のペースならオフは余裕でクリアしているような時間帯のハズ。ええ、未だにクリアできていませんヨ。むしろワタシはかなりのんびりペースです…よね?

オンラインでの話は主に SNS の日記で書いちゃってるので、コチラでは主にオフの話とか。先週は撃退でも手を焼いた「クシャルダオラ」の討伐に挑戦しました。ゲームの流れとしては中盤付近に出てくるクエストなんだけれども、コレは本当に難易度が高いのです。しかも、クリアしないとシナリオが進行しません。しかもステージは雪山。個人的に一番嫌いなステージです。地形は妙に入り組んでいるし、見通しは悪いし、なんだか狭くてすぐ壁際に押し付けられるし、ホットドリンク代はかさむし、ボスのレア素材は出にくいし、本当に最悪なエリアです。かなりモチベーション減退というか、オフだけしかやってないならこの時点で投げそうな感じですヨ。

blog06071901.jpg blog06071902.jpg

とりあえず作戦としては、限界まで回復アイテムを持ち込んで、なおかつ現地で調合。弾も使用可能なモノは全て持ち込みます。加えて閃光玉と大タル爆弾、大タル爆弾Gといったサブウェポンも用意。特に閃光玉は、効けば1リロード分を全弾打ち込めるスキが作れるので、コレも素材を持ち込んで現地で調合。支給分もあわせて最大17回使える状態で臨みます。古龍は捕獲できないので、ソレ関連のアイテムは要りません。

そして、今回から装填数アップのスキルが付く装備に変更。このスキルを付けると、なんと全ての弾の装填数が1増えるんですよ。ヘヴィボウガンを使っていて一番攻撃を受けやすいのは、リロードの硬直です。そのスキを減らせると共に、相手のスキに与えられるダメージも上乗せできるとなると、もうね、神スキル!といっても過言ではない気がするんですヨ。いやまー、実戦はこのクシャルダオラ戦が初めてになるんだけれど(笑)

まずは、閃光玉を投げて毒が効くまで毒ナイフ。そこからは閃光玉→LV3通常弾リロード→全弾発射と繋げていきます。ほとんど一方的な展開で、コレは楽勝の予感…? 爆弾はクシャルダオラがいないエリアにあらかじめ置いておきました。ヤツがいる場所には、吹雪が吹いて置けないんですよね。移動エリアも2つだけだし、エリア移動するとなぜか着地地点にクシャルの位置が移動してるので比較的狙いやすいですね。でも置いていた爆弾は一定時間経つと消えるようで、うまく当てられたのは1回のみ。

blog06071903.jpg

そんな感じで40分近く死なずに耐えてコレはいけそう、むしろ余裕?な展開だったんだけれど、相手もまだまだ元気です。そして、うっかり空中ブレスを食らって死亡。死ぬとボスまでの移動が長いので、かなりの時間ロスになるんです。戻ってくると、さっきの場所で寝ていました。どうやらだいぶ弱っている様子。

しかし、残り10分という微妙な時間帯です。これはさっきのミスが響くかもな〜ていうか、弾が切れそう〜というトコロでまた死亡。もう残り5分切ってます。ていうか、絶望的! 急いで戻ろうとするも、食料もホットドリンクも尽きてて、スタミナゲージの維持ができません。あと少しなのに…。

フラフラ状態でなんとか戻って数発撃ったトコロで、終わりました。

blog06071904.jpg

たぶん残り10秒ぐらいでした。

blog06071905.jpg blog06071906.jpg

弾もほとんど残っていません。この50分ていう時間、ほぼ全クエスト一律なんだけれども、本当に微妙なサジ加減ですよね…。

「クシャルダオラ」討伐で新エリア火山への道が開けました。今度はどんな強敵が待ち構えているのかーとかなり力を入れて臨んだんだけれど、ココに出てきた「バサルモス」、ハッキリ言ってカモでした。何だそのバランスはーっ(笑)

何度も書くようだけれど、オフのバランスはやっぱりヒドイ。マルチプレイ前提の要素が中途半端に残ってる感じですね。むしろ未完成の状態で強引に発売したのかな…というナゲヤリさ。街が発展していくアイデア自体は悪くないんだけれども、ちょっと作り込みが浅いというか、遊びの要素が少ないんですよね。所詮はオンの補完モードという位置付けのようです。そもそもオンとオフを共存させるというのは、PSO の頃にムリがある仕様だというのが実証されていましたからね。本来なら同時期に発売だった PSU は、その点は完全に割り切った作りになっています。なかなかオフの部分を切り離して奔放なオンライン環境が作れないというのは、国産タイトルの弱点でしょうか。

そういえば、グラナド・エスパダも近々正式サービスに移行だそうで。一度入っておきたいなぁとは思うんだけれど、ちょっと手が回りそうにないかな…。

【現在の表示されるプレイ時間】145時間
posted by ゆーし at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | MONSTER HUNTER2

2006年07月10日

モンスターハンター2(4)

なんだか週刊ペースも危うくなりそうな更新頻度になってまいりマシタ。SNS の方にも参加しちゃったので、そのシワ寄せもちょっと出てきそうです。でも、ブログの方も大事にしていきたいので、これからも適当に更新していきたいと思いマス。

モンハン2のほうは、やっと先週オンラインデビューを果たしました。発売日に購入して今頃かヨ!という感じですけど、ゲームそのものよりも、誘われたので交流しておきたいという部分があったのね。MMBB とかちょっと高いハードルもありましたけど、そのための投資なら惜しまないって感じかな。今まで使ってたプレステ2本体も初期型だったので、ネットワークアダプタ付けられる新品下ろしましたし。まぁ、コレは貰いモノだけど(笑)

で、オンライン。なんというかオフとは全然状況が違います。お金もドンドン稼げるし、物価も安いというか安い日があるというのが正解かな。得られる素材の種類自体も豊富です。なにより、仲間との協力プレイが楽しめる! オフでストレスを感じた部分も、幾分和らぎますね。まぁ、ちょっとオンが優遇されすぎというか、むしろバランス的にはコレが普通なのかな。オフがちょっとヒドすぎます。

でも、序盤はハンターランク絡みの縛りがあって、ほとんど参加できるクエストがありません。基本的にレベルの概念がないゲームなんだけど、オンではハンターランクがレベルに相当していて、ある程度ガンバってポイントを稼ぐ必要があります。あとポイントだけでもダメで、さらに上位に進むためには「公式試験」を通過する必要があるみたい。なんだか自由度が高いのか低いのか、よく分かんないゲームですね…(笑) 友人が低いレベルのクエストにも付き合ってくれるので嬉しいんだけれど、張り合いがなさそうでなんだかちょっと悪い気もします。まぁ、この点はオンに行く前からの懸念事項でもあったし、ソレ覚悟の上で開き直ってやってるんだけれど、システム的にはやっぱり問題がありますよね。う〜ん、残り2か月で同じラインまでたどり着けるかどうか。

blog06071002.jpg

オンにはクエストとは別にイベントがあって、現在は「イャンクック」6匹討伐ってのをやっていました。最も弱いクラスのボスとはいえ、ソレがザコのようにドンドン湧いてくるのは圧巻です。報酬の効率もちょっと異常。15分ほどで通常の3倍ほど稼げます。アレばっかりやれば、かなりポイント稼げますヨ。

blog06071001.jpg

オフのほうもチマチマ進行中。先週は雪山の「ドドブランゴ」の狩猟に挑戦しました。コイツは正攻法で普通に強いうえに、マーキングを消してくるのでかなり厄介な相手です。たぶん3回ぐらい失敗したかな。最終的に回復薬グレート10個に加えて、回復薬10個とハチミツ10個も持ち込んで現地で調合。あとは栄養剤グレート、閃光玉、鬼神薬、怪力の丸薬など、本気モードの備えで臨みました。で、なんとか時間ギリギリで討伐に成功。なんだか、足を引きずり始めてからのバトルのほうが長かったような気がします(笑) 基本的にあんまり捕獲する気はないので、ワナ関係の準備はしてないんですよね。オンだと捕獲の方がメリットが多いためか、できれば捕獲しようという流れになってるみたい。

このクエストクリアしたら「クシャルダオラ」討伐クエストが出てきました。様子見感覚で3回ほどやってみたけど、全く歯が立たないというか。予想はしてましたけど、コレは本気の本気でやらないと、ちょっとムリかもという感じ。ただ、オフはガンナーのみでクリアすると自分の中で決めてるからね。ええ、自分で自分のクビ絞めてるようなモノです。

【現在の表示されるプレイ時間】84時間
posted by ゆーし at 07:11| Comment(2) | TrackBack(0) | MONSTER HUNTER2

2006年07月03日

モンスターハンター2(3)

週刊モンハン通信といった感じになりつつある当ブログです。みなさん、こんばんは。表示されるプレイ時間も60時間を越えまして、最近プレイしたゲームの中でも長い部類に入っています。なんだかんだとハマっているような気がするのは、気のせいカナ…(笑)

blog06070301.jpg

前回書いた初の古竜系モンスター「クシャルダオラ」撃退クエスト。友人のプレイ指南もあり、なんとか撃退に成功シマシタ。思いのほか難易度自体は低かったというか、上の画像を見ても分かるように10分程度しかかかっていません。100発も打ち込んでいないんじゃないかな…? ある程度耐えれば、勝手に逃げていくという感じもしないでもないけれど。ていうか、基本的に今までのヘビーボウガンの立ち回りが全然ダメでしたね。ちょっとダメージを受けるとマップ移動して回復、すぐさま武器を構えた状態で戻って攻撃…を繰り返していたんだけど、コレだと壁際に追い詰められてムダにダメージを受けるし、時間あたりに与えられるダメージも少なくて効率が悪かったのね。そんなコトをしなくても、同じエリアで一撃離脱を繰り返した方が、結果的にたくさん撃ち込めますし、被ダメも減らせます。ザコも復活しないし(重要)

blog06070302.jpg

イイ感じの勝利で気を良くしたので、すぐさま砂漠へ逃げたクシャルダオラを追います。1回目でアッサリ撃退。ええ、もう完全に要領はツカんだと言えましょう!(調子に乗ってる)

前回の記事では「状態異常が効いてる時間が短すぎる」と書きましたけど、どうやら毒自体が効いていなかったようです。一度効けば120秒も継続するし、毒耐性も低めに設定されてるみたい。確かに毒は有効な攻撃手段と言えます。

blog06070303.jpg

クシャルダオラ撃退で、新エリア「雪山」への道が開けました。ココに出てくるちょっと気持ち悪い容姿の「フルフル」は捕獲。動き自体は単純だし攻撃力も低いんだけど、一度突進に捕まって転倒させられると、そのまま電撃コンボでハメ殺されるので油断は禁物。ボス全般に言えることなんだけど、壁際で突進食らうとほとんどハメられて終わります。カメラアングルが急に変わるから回避がムズカシイのね。狭いエリアでの戦闘は、かなりストレス溜まるカナ…。

blog06070304.jpg

密林に出てきた新ボスモンスター「リオレイア」も討伐。ていうか、あなた逃げすぎ(笑) 着地するのかと思ったら、すぐ飛び上がって他のエリアに行くもんなぁ。追うのがメンドクサイだけという、ある意味精神攻撃にヤラレました。何度か失敗して、イイ移動パターンが出てきたので何とかクリアできたという感じ。まぁ、確かに手ごたえはあったし達成感もあるけど、こんなの何度も戦いたくない…(笑)

そんな感じで、ちまちまオフラインモードやってるんだけど、コレだけ苦労しても村の発展度はほとんど変化ありません。装備もお金が稼げないので、1週間前とほぼ変わらずといった状況デス。オフは無印に比べると遊べるようにはなったけれど、やっぱり本作もオンライン重視の仕様なんでしょうねぇ。ちょっと限界が見え始めました。今週あたりオンラインに行けるカナ?
posted by ゆーし at 02:49| Comment(2) | TrackBack(0) | MONSTER HUNTER2

2006年06月26日

モンスターハンター2(2)

相変わらずオフでチマチマプレイ中。キャラ選択で表示されるトータルプレイ時間は50時間弱になりマシタ。クエスト失敗したら即リセットしてるので、実際はもう少し多いかも。

blog06062601.jpg

現在の装備はこんな感じ。ザザミ系は素材が入手しやすいのね。見た目はイマイチなんだけど。武器はアルバレストからそのままボウガン系の上位にグレードアップ。ヘビーボウガン系以外の武器は作ったことがありません。もう慣れてしまったというか、装備変更がかなりメンドイ仕様なんですね。防具から何から代えないといけないし。色々武器のバリエーションはあるけれど、実際には最初に選んだ武器が、当面のプレイスタイルを決めてしまうコトになります。

村の発展レベルもいくつかレベル2に。レベル1から上がらない状態がかなり長く続いて、心が折れそうになりマシタ。周れるエリアやモンスターのバリエーションが少ないので、何か変化がないとやる気がそがれちゃいますヨ。一応チュートリアルぽいモノはあるので、完全に初心者を突き放してるワケではなさそうだけど、序盤のバランスはかなり厳しいですね。

blog06062602.jpg

まぁ、難易度的な面はそこそこ慣れてきて、用意されているクエストもソツなく攻略済み。正直「コレ、どこが難易度高いの?」って感じだったんだけど(肩で息をしながら)、ついに大きな壁が立ちはだかりマシタ。

初の古竜系モンスターの登場クエスト。討伐でなくて撃退となってる時点でイヤな予感はしましたヨ。攻略サイトによると、閃光弾を投げてピヨらせてる間に毒状態にさせて、そのスキに攻撃するみたいな感じで書いてるけど、それは多分、オンラインでの話ですよね。シングルモードでコレやるのムリ。状態異常が効いてる時間が短すぎるので、攻撃する余裕がほとんどありません。しかも毒は必ず効くとは限らないし。あと、タル爆弾支給されるんだけど、雨降ってるのにどうしろと。ていうか、1撃のダメージがデカすぎます。ほぼ1発しか耐えられませんヨ。あ、上記の画像は撮影のためだけに行ったので、食事とってません(笑) 毒属性の短剣作って装備もハンター系で固めるしかなさそう。でも、できれば最後までガンナーでいきたいしなぁ(マゾ)

以下、アクションゲームとしてのバランスの取れてなさについてダラダラ書いてたんだけど、あまりオモシロイ話ではないので省略。まぁ、ヒトコトで言えば、ファミコンのスーパーマリオあたりから出直して来いという感じデス。
posted by ゆーし at 01:48| Comment(4) | TrackBack(0) | MONSTER HUNTER2

2006年06月16日

モンスターハンター2(1)

オフでチマチマプレイ中。コレから何度か書くかもってコトで。

blog06061602.jpg

とりあえず、教官のクエスト全部クリアして、砂漠まで行ける状態になりマシタ。酒場のクエストクリアするだけでは、先に進まないのね。クエストの種類が少ないので、序盤から同じエリアの周回を強いられます。

blog06061601.jpg

装備はこんな感じ。武器はアルバレストです。いやぁ、あんまり飛び道具は好きじゃないというか、前作では一度も使ったコトなかったぐらいだから。単に武器作ろうと思った時点でソレしか作れなかったのね。かなり強化でお金をかけてるので、もはや手放せなくなったという感じデス。

でもボウガンは、扱い難い武器の筆頭な予感がしてきました。弾丸発射するボタンは R アナログレバーの押し込み。アレが押せるというコトを知らない人もいそうなほど、プレステパッドで一番存在感がないボタンです。ソレはまぁイイとして、R アナログレバーの下が弾丸リロードなんですよね。つまり、弾を撃つつもりで気合を込めて押すと、時々ミスってリロードになっちゃうんですヨ。で、リロード動作がけっこう長いので、ミスがそのまま被ダメージ量に直結します。そのクセ、ガンナーは装甲が紙。ボタンカスタムも一切できないので、もうどうしようもないというか、マゾ仕様?

それと、基本的な部分でいくつか気になった点を。

とりあえず、ローディングの多さ。ハードの仕様上避けられない部分なんだろうけど、ちょっと多すぎ。フィールドは10個ほどの比較的狭いエリアで構成されてて、エリア間を移動するたびに7秒ほどのローディングが入ります。ひとつのエリアに長時間留まって戦闘するようなゲームならそれでも良いんだけど、このゲームのボスモンスターはやたらとエリア間を移動するんですよね。ある意味ローディングとの戦いです。

次にアクションディレイの長さ。ガイドのクエストでひと通り武器を試せるんだけど、短剣以外は構える〜収めるまでの動作が長い長い。そもそもそんな予備動作は要らないだろうという気もします。武器関係だけでなく、肉焼きとか回復アイテムの使用、アイテム探す動作、ベッドで休むための動作…ありとあらゆる動作に長めのディレイが設定されています。もう少しキビキビ動いて欲しいなぁという感じ。その反面、モンスターは突進系の妙に素早いモーションを多用してきます。タダでさえ視点操作の関係で避けづらいのに、硬直時間もあるとなると一方的に攻撃を食らう局面が多くて、普通にストレスが溜まりマス。

あとはモンスターのバランスかな。まだ序盤なので何とも言えないんだけれど、明らかに一般的なアクションゲームとは異なっていますね。

アクションゲームに必要不可欠なモノといえば、爽快感。殆どのタイトルではソレを引き出すために、ある程度リアリズムな要素は省略しているんだけど、モンハン2では余す所なく実装しちゃっています。ムダな動きが一切できないんですよね。重量感を感じるリアルなモーションとか、攻撃がヒットしたときの感触といったディテールは拘って作り込んであるのに、肝心のバランスの方向性が常軌を逸しているというか。アクションゲームというよりは、シミュレーションに近いのかも。
posted by ゆーし at 02:57| Comment(0) | TrackBack(0) | MONSTER HUNTER2