2007年08月15日

【MHFO】不正行為と運用ノウハウ。

またメモのようなものです。

カプコンが運営している MHFO にて、先週土曜日あたりからチート行為が拡散しているようです。

ちょうどお盆休みと重なったためか、運営側に全く動きがなかったのですが、ようやく昨日になってリアクションがありました。

現在、多数のお問い合わせをいただいている利用規約違反行為について(MHFO 公式)

アカウント停止という妥当な措置に加えて、法的措置も検討している模様。まー、単なる「脅し」っぽいんだけど、具体的に法律の条項を出してきて「コレで訴えますよ!」と言ってきたのは珍しいかなーと。

第246条の2(電子計算機使用詐欺)

どういう判例があるのかというと

http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/kedenji-3.html
↑Google で検索して一番上に出てきたページ。

今回のチートでは、無料のトライアルコースでも課金コンテンツの利用が可能になるモノもあったようなので、恐らくコレが不正に利益を得ていたとして、この法律に抵触するのかもしれません。確かに悪質な行為ですし。

ただ、このような不正を許してしまうプログラムの構造にも問題があります。ネトゲでは随時サーバにデータを送信して情報のチェックをしているモノが普通だと思うのですが、MHFO の場合は、なぜかほとんどの処理がクライアント依存で行われているようで、アイテム絡みのチートはもちろん、所持金の増加、モンスターのパラメータの変更、そしてコンテンツのレジストチェックを外すことまでもが容易にできてしまうようです。

モンハンシリーズは PS2 版の頃からチート行為が多かったようですが、アイテムトレードがかなり制限されていたため、ソレが抑止効果というか、不正の影響を受けにくいゲームになっていました。ある意味、不正行為に妥協していたシステムとも言えます。

でもソレはハード的に制約の多いコンシューマ版での話し。PC 専用になればセキュリティ面を大幅に強化できますし、むしろその辺の縛りを外してシステムの自由度を上げても良さそうなモノです。しかし、そのままの形(ベタ移植)でリリース。セキュリティ面の強化も執られていませんでした。

ネトゲでは不正行為の洗礼は避けられない道です。不正が広まった状況下でどのような対応を執るかで、運営側のノウハウを推し量ることができます。

>しかしながら、心無い違反者の行為の対応のため開発チームの作業が大幅に増加し、
>今後のゲーム内容のアップデート数が減少してしまいます。

現状では「打つ手なし」といった風にも読める、この一文に集約されている気がしますね。
posted by ゆーし at 00:10| Comment(2) | TrackBack(0) | MHFO

2007年03月30日

【MHFO】PC でも狩りまくりの日々が始まる!?

FEZ のウォリアー受難記でも書こうかなーと思っていたんだけど、またちょっとログインしない日が続いちゃって。対戦モノは始めると夢中になるんだけど、始めるまでにちょっと気合が要るんですよね。特にこのゲームの場合は、戦争開始時の連打ゲーム(戦場に入れるのは早い者勝ち)とか色々とメンドウな点が多くてね…(笑)

ソレはさておき、今回は現在クローズドテストが行われている『モンハンフロンティア』の話し。1次βでは涙を飲んだんだけど、なんとか2次テスターの権利を射止めまして、早速初日から絶賛参加中です。このゲームのベースになっているモンハン2は PS2 でかなりやりこんだタイトル。過去にも何度か記事を書いた覚えがあります。というワケで、今回は主に PS2 版からの変更点について書いてみようかなーと思います。

タイトル画面の「オプション」からキーカスタマイズができるんだけど、コレが妙に細かい! メニューなどの基本操作はもちろん、各武器ごとに細かく攻撃ボタンなどを設定することができます。マウスの操作体系もいくつか設定されているものから選ぶことができます。PS2 版はボタンカスタマイズが一切できなくてかなり不便に感じていたので、コレは大きな改善点です。

blog07033001.jpg blog07033002.jpg
▲キーカスタマイズ画面。マウスは移動のサポート、攻撃主体など設定されている中から好きなタイプを選べる。

PSU 風に PS2 パッドの右アナログスティックにカメラ操作を割り当てようと思ったんだけど、そうしちゃうと攻撃ボタンの割り当てがヤヤコシくなるんですね。アイテム拾ったりしゃがんだりする動作も頻繁に使うので、右のボタンに割り当てると誤爆しそうだし。あとで煮詰めることにして、ひとまず PS2 版と同じ設定にしておきました。

キャラクターメイキングは PS2 版と同じ…だと思います。パーツの選択項目が少ないから、PSU みたいに悩む必要がないのはイイのか悪いのか…(笑) あ、でもインナーのデザインがちょっと増えているのカナ? 髪の色と合わせて緑系のを選んでみました。

インするとロビーになっている「メゼポルタ広場」に出ます。PS2 版のドンドルマの街の入り口…ドスプーギーがいた場所…が大きく拡張された感じかな。ここからチーム部屋のドンドルマの街へ向かうという流れは PS2 版と同じです。

ドンドルマの街の中には PS2 版では見かけなかった位置にギルドのお姉さんが立っていて、話しかけるとやたらと長い説明をし始めます。さらに「詳しくは公式サイトでー」とか言いつつ、Web ブラウザが起動したりとか。メニューの中にも「公式の画像掲示板を見る」なんてのもあります(まだ未実装)。公式サイトも親切・丁寧に作ってありますし、ゲーム内と Web サイトとの連動を強く意識しているようです。

酒場のギルドに登録するとクエストの受注が可能になって、同時に8,000ゼニー貰えます。コレで装備を買えってコトなんだろうけど、敢えてソノママ裸(初期装備)でクエストに向かっちゃいますヨ。いやもー、ある意味最初からベテランですからー。裸でも大丈夫というか、実際お正月には裸でデカイノシシ倒してますし。余裕余裕。

で、いきなり最初に現われた敵、ファンゴ(イノシシ)の突進で瀕死の大ダメージ! ヤオザミ(カニ)は相変わらずアホみたいに硬いし強いし。ザコのパラメータ下げるとかいう話が出てたけど、今回はまだ適用されてないようです…。何度も死にそうになりながらも、なんとかメインターゲット達成。ま、ただのキノコ集めなんだけど(笑)

blog07033003.jpg
▲裸でも余裕でクリア! ていうか、キノコ狩りでこんなに苦労するとは…。

やっぱり裸は危険! というか、武器に違和感があります。というワケで、工房に行って武器と防具を調達。やっぱりモンハンやるならヘヴィボウガンでしょう(個人的見解)。

blog07033005.jpg
▲店売りの防具セット。ハンターというか探検家という感じ。

それにしても、ローディングの早いこと。クエスト開始時はもちろん、クエスト中のエリアを切り替えもかなりスムーズ。あれ、いま一瞬マップっぽい画面出た?という感じデス。装備の着脱時に固まることもありません。フレームレートは PS2 版と同じく 30fps かな? 全体的に描画は軽めという印象ですね。

blog07033004.jpg
▲水際の描写が美しい。PC の解像度に合わせて、テクスチャも細かくなっているようだ。

そんな感じで、穏やかなスタートを切ったモンハンフロンティアの2次テスト。ゲーム内容自体は大きな追加要素もなくて、特に目新しさは感じなかったんだけど、快適なプレイ環境に変化!というだけでもだいぶ印象が変わりますネ。初心者向けの「出張狩人道場」や武器の練習ができる「睡眠学習」モードなど、チュートリアル部分も整備されています。突き放したような高難易度がウリだったのに、ずいぶん丸くなった感じがしますね。PC 版から入るユーザーにも、とっつきやすい内容になっていくんじゃないかなーと思いました。
posted by ゆーし at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | MHFO