2008年09月01日

【RO】RODS の特典アイテムとか。

「ラグナロクオンライン DS」の初回特典が発表されました。大凡の推測どおりというか、当たり前のようにゲーム内アイテムになりました。単刀直入だけど、アイテムの性能を見てください。

オーディンマスク
兜(中・下段)
【DEF】1 【MDEF】0 【精錬】不可 【スロット】0 【装備レベル制限】50 【破損】しない 【重量】10 【特殊効果】人間形モンスターに6%の追加ダメージ、HIT-10 【装備】全ての職業
※似た特性のアイテムである「たれ人形」と併用可能。

アウドムラの恩恵
アクセサリー
【DEF】0 【MDEF】0 【精錬】不可 【スロット】0 【装備レベル制限】1 【破損】しない 【重量】10 【特殊効果】全てのモンスターを倒した時、獲得する経験値5%増加、全てのモンスターから受けるダメージ5%増加 【装備】全ての職業

RO サイトのほうでは予約を煽る形になるので書かなかったんだけど、両方とも「鬼のような」高性能アイテムで、ちょっとビックリしています。

まずは「オーディンマスク」。「人間形モンスターに6%の追加ダメージ」という対人戦向けの性能を備えています。似たような性能になっている「たれ人形」のほうは、「人間形へ与えるダメージ+10%」です。ただし、コチラは上段装備。つまり、2つを同時に装備することが可能です。実は同じ効果を上乗せさせることができる組み合わせというのは、このゲームでは希少なんですよね。ソレが対人戦向けとなると、一部 HI レベルユーザーはその入手に必死にならざるを得ない…そんな図式が目に浮かびます。

もうひとつのアイテム「アウドムラの恩恵」のほうも、何気にヤバイ性能です。「獲得する経験値5%増加」という禁断の領域に手を出しただけでなく、アクセサリーにして2個同時装備可能というオマケつき。2個買えば効果が2倍! エゲツナイにもほどがあるという…。

なお、この2点のアイテムは初回限定です。いやー、革新的な配布方法(買わなくても入手可能)で話題を呼んだ「ファンタシースターポータブル」(以下 PSPo)の特典アイテムとは対照的というか、仮にアレと同じ方法でバラまいたりしたら、エライことになりますヨ。PSPo の特典アイテムは結局、ひとり何個でも無限にゲットできましたからねー。シッカリ限定品にしてくるスキのなさは、さすが手馴れた先駆者といったトコロでしょうか。

別にゲーム自体のデキがイイなら、どういう売り方しても構わないんですけどね。過去の RO パッケージなんて、特典アイテムが本体みたいな感じでしたから、ソレに比べたら全然マトモな売り方に見えます。でも画面見る限りでは、グラフィックほとんど使い回しっぽいし、明らかに開発費かかってなさそう…。
posted by ゆーし at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | オンラインゲーム

2008年05月01日

【RO】ファンサイトリンクへの長き道。

2008年4月30日付けで、RO 公式サイトに「ファンサイトの特設紹介ページ」ができました。いわゆる、ネトゲの公式サイトにあるコンテンツとしては定番な「ファンサイトリンク」です。ガンホー社が長く運営している ECO を始め他タイトルには普通に設置されていますし、確か運営終了した A3 にもありました。でも、RO の場合、ココに辿り着くまでに大変長い年月を要しました。

実は「ファンサイトリンク」という名のページ自体は黎明期から存在していました。Internet Archive によると、2003年6月から2006年4月まで、同ページの存在記録が残っています。ただ、首尾一貫「現在製作中...」の画像が1枚掲載されているだけの、空疎な看板でした。当初は設置をする予定があったにもかかわらず、何らかの事情でお蔵入りになってしまった様子です。

blog08050101.jpg
▲2006年5月9日の状態。この翌日、リニューアルされた際に、ファンサイトリンクは伝説になった。

この不可解なイキサツに関しては、オフラインミーティングでもしばしば質問がブツけられていました。下記に抜き出してみましたけど、その都度、見解にブレが生じている気がします。まるで政治家の答弁のように。

  • 第1回:各ファンサイトへのサーバ負荷の問題が懸念されたため、実現に至らず。ファンサイトリンクの計画自体は消えておらず、ベストな方法を模索している。
  • 第2回:RO 以外のコンテンツでは施策を進めている。RO は施策を進めた上で最終的に決定する。
  • 第7回(事前):関連サイトの数が膨大なのでチェックが難しい。別の形でコミュニティを促進する施策を検討中。
  • 第7回:ガンホーゲームズのコミュニティ機能を利用して欲しい。コミュニティを形成する上では特に必要ないという見解。

他タイトルでは容易なコトが、なぜ RO では難航するのでしょう。確かに、近年は SNS や個人ブログなどが浸透して、コミュニティサポートという面では存在意義は無くなってきたのかもしれません。ファンサイトリンクの有無が、人気の持続度に多大な影響を与えるということもなさそうです。短命に終わるタイトルもありますし。でも、未だにネトゲ公式サイトで積極的に作成されるコンテンツのひとつになっているのは、それなりに理由があるハズ。

ネトゲファンサイト、というかブログが大半かな。ソコに書かれる内容の大半を占めるのは、そのゲームのプレイ記。大多数は楽しく遊んでいる様子を書きます。つまり良いイメージでクチコミしてもらえるワケです。ソレを目に付きやすい場所に置けば、低コストでプロモーション効果を期待できます。コレがまず大きな存在意義ですね。事前に検閲されるワケですから、ファンサイトの管理人も良い記事を書こうとします。

もちろん悪い部分について書かれるリスクもありますけど、ゲーム自体に悪い部分が無ければ問題ない話し。RO の場合、コレまでの歴史の中で悪い部分が少なくありませんでした。ソレは運営側も自覚していた節があります。そういう状況下では、プロモーションどころか逆効果になる恐れもあります。そして、ソレを懸念することは、ユーザーを信用していないというコトでもあります。ファンサイトリンクには、運営側とユーザー側の信用度のバロメータという存在意義もあるでしょう。

今回は宣伝用のバナーを張った報酬として期間限定で紹介するという、変則的な形というか、露骨にプロモーションに使われたワケですけど(笑) まー、信用度は問題ないレベルに達したのかなーと。

うちの運営する RO サイトも、規定を満たしているかを量るという狙いもあって応募してみました。思えば、ずいぶんとシニカルなコメントを重ねてきましたし、グレーゾーンなコトも数知れず(笑) その上で信用して貰えた点では、恐悦至極デス。
posted by ゆーし at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | オンラインゲーム

2008年04月21日

【PSO BB】あのゲームがハンゲームでサービス開始。

サービス開始のお知らせ(PSO BB:HAN)
PSO BB が4月15日からハンゲームでもサービス開始されました。キャンペーンで5月31日まで無料、さらに5月13日までは経験値2倍とか、なんかスゴイことに。PSU で昨年末に開催されたイベントで、PSO BB EP4 のストーリーに絡む話をする NPC が登場してたから、機会があればやってみようかなーと思ってたんですね。サービス終了直前の無料解放期間とかに(ヒドイ)。とにかく、プレイするには良い機会が訪れました。

取得済みだった PSO BB のアカウントでログインを試みるも「利用期限が切れている ID です。公式サイトで利用権を購入してください」って無料になってないし。というか、この ID ってトライアルのときに取得したのに、まだ残ってるのがスゴイ。今回はハンゲームで新規取得した ID だけが無料です。シッカリ告知を読めば書いてあるし、キャンペーンの主旨的にもそうだよね(笑) 既存の PSO BB クライアントを入れている場合でも、新しくハンゲーム用のクライアントを入れる必要がありました。

さっそく DC 版から使っているキャラクターのクローンを作成。いつも使ってるキャラ名だとセクション ID は PINKAL になるハズなんだけど、PSO BB では YELLOWBOZE になりますね。また同じレア探しするのもアレなので、今回はこのまま YELLOWBOZE で行ってみます。

とりあえず最初に EP4 の「素潜り」のほうをやってみました。のっそり動く敵ばっかりで意外と楽勝!かと思ってたら、いきなりカマキリっぽい敵が高速で飛びかかってきて即死。なんか世間で EP4 の評判が悪いことがちょっと分かった気がします…。ていうか、この行為が無謀以前に大きな間違いだったことに気付いたのは、経験値稼ぎのために何度も死に戻りをした後でした。

経験値が2倍になっているのはクエストのみで、素潜りには適用されていないんですね。素潜りのほうは最初から全エリア解放されているけど、モモカから受けられる総督府クエストは、順番にストーリーを進めていかないと最終エリアに行けません。ストーリーを進めないとソロ用クエストもアンロックされないので、素潜り自体、あまりやる必要はなさそうです。

単純に経験値効率だけを見ると、ボスとの連戦ができる「未来へ向かって」クエストを延々と回すのがベストです。ボスは経験値が多めだから、それが2倍で入ってくるとなれば、凄まじい勢いでレベルが上がっていきますヨ。うちはソロだったので、ドラゴンだけ倒して放棄を繰り返しました。1セットで5分程度かな? ボス箱も通常クエストより多いので、メセタもガッポリ稼げます。「1人用」で部屋を作れば遊べる「戦いのいしずえ」といったソロ用クエストも、レベル上げには良さげです。1人用の敵は HP が低くて楽に倒せるし、経験値も VH まではパーティモードとあまり差がないんですよね。

うちは EP1 モモカのクエストメインで進めることにしました。DC 版から数え切れないほど遊んできた EP1 だけど、やっぱりコレが一番楽しいかなーと。敵の配置とかボスの攻略パターンとか、一番洗練されていて分かりやすい感じだからねー。EP4 のクエストも少しやってみたけど、何の緩急もなくダラダラと敵が出るだけとか、あまり良いバランスではないですね。悪い意味で PSU のルーツを見た気がします。EP1 に関しては、レアのテーブルとか GC 版と仕様がほとんど同じですね。攻略本のデータがそのまま使えます。

PSOBB01
▲黄色は本当にエネミー素材がポンポン出る。メセタも。

あと、街にクジ引き NPC コレン・ツってのが配置されていて、メセタでレアが買えるような仕様になっていました。貯めてもあまり意味がなかったメセタに使い道があるのは助かるねー。むしろ、メセタが全然足りないんだよ! 1回10万ってなんだよ!

LV50 越えたあたりからは VH 未来ドラゴン討伐ばっかりやってたんだけど、気付いたらレベルがとんでもなく上がってたというか、もうアルティメット行けるし、何だコレ(笑) 基本的にレベルの上がりやすいゲームだけど、2倍パワーはスゴイ。さすがにドラゴンばっかりも飽きてきたので、ちょっと最後まで行ってみた!

PSOBB03
▲久しぶりにダークファルスとご対面。ただいま乗っ取られ中。

いやー、何度見てもラスボスにふさわしい演出と動きですね。PSU でも変なの入れるぐらいなら、コレを再現して欲しかったなぁ。

モモカ EP1 クエストも、ハードでひと通り終わらせてみました。追加的にストーリーにふくらみが持たされていましたけど、最後の部分については基本的に語られないんですね。EP1 で適当に装備を整えたら、EP2 と EP4 のクエストもやっておこうかなー。

あと、何かイベントだったらしくて、ロビーでレアなキャラクターを見かけたので、画像を貼っておきます。

PSOBB02
▲ロビーで見かけたソニック。記念撮影を半強要していた。
posted by ゆーし at 02:44| Comment(2) | TrackBack(0) | オンラインゲーム

2008年04月07日

覇権を争う3大仮想マネー。

もうもったいないとはいわせない?「BitCash」が1円単位でFamiポートで購入可能に(4Gamer.net)
業界初の金額指定購入方式を採用。今後、購入できるコンビニが増えていけば、かなり便利になりますね。

以前のエントリーで書いたことがあるけど、電子マネー(仮想マネー)の端数の使い道というのは、利用者にとって見過ごせないデメリットだったんですよね。ネトゲで大して欲しくもない課金アイテムでも買うとか、寄付するとか強引な方法で消費するしかありませんでした。むしろ、端数をマージンとして収益を上げているのが電子マネービジネスの構造だと思っていたんだけど、こういう売り方が可能だとすると、加盟店との契約と手数料だけでも採算が取れるということでしょうか。手数料も他と比べて安いみたいだけどね。

こうなると、3大仮想マネーの中では WebMoney が一番メリットが少ないというか地味な存在になってきた感じ。うちも最近は NET CASH しか買ってません。PSU で採用されたときは「やめてくれー」とか思ってたけど(笑)

あと、このニュースを見て「おっ!?」と思ったのは、SAI の決済方法として採用されているからです。いやー、焦って買わなくて良かったヨ(笑) でも、別の方法で買うかも?
posted by ゆーし at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | オンラインゲーム

2007年09月06日

ネトゲプレイ用 PC のチューニング。

用というか1台しかないんだけどネ。

【マイマシンのスペック】(数日前の記事で書いたのと同じ)
OS: Windows 2000 Professional (5.0, Build 2195) Service Pack 4
CPU: Intel(R) Pentium(R) 4 CPU 3.00GHz
Memory: 1536MB RAM
GPU: NVIDIA GeForce 7600 GT
Display Memory: 256.0 MB

このぐらいのスペックなら RO2 もそこそこ快適に動くって聞くんだけど、うちのマシンでやると明らかに重いんですよ。何かボトルネックになってる部分があるのかなーと、調査も兼ねてチューニングしてみました。

とりあえず、やってみたコト。

・GPU ドライバと DirectX を最新版に更新。

まずは基本からーってコトで。

・壁紙を無地にして、デスクトップアイコンも減らす。

実はあまり意味がありません(笑)

・必要のないサービスを止める。

Windows 2000 は基本的にサーバ用 OS なので、デフォルトで動いているサービスには、通常の使い方では意味がないものが多め。以前、自前サーバ立てようとして IIS をセッティングしてたので、ソレ関連を全部停止。結果、起動時のプロセスが50越えてたのが40ぐらいに減少。パフォーマンス面では、わりと大きな改善かと思います。

参考サイト:Windows 2000 止めてもいいサービス一覧

・メモリ周りのコントロールキーを調整。

コレも基本らしいけど、今まで眼中にありませんでした。入出力のためのメモリサイズの拡張、カーネルを物理メモリに配置、L2 キャッシュを正確な数値に設定。レジストリ弄って直接変更しましたけど、窓の手ってソフトでもできますね。結果、通常時のファイル読み込みは速くなった気がします。

参考サイト:Windows2000のパフォーマンスをアップ(メモリ編)

・メモリ駆動周波数の調製。

どうも前からメモリ周りが気になってたんだけど、何挿してるかとか忘れてて。改めて CPU-Z でチェックしてみたら、Memory > Frequency が 160MHz になってました。搭載メモリは4枚とも DDR400 なので、ココは 200MHz になってないと異常。なんてこったい。で、BIOS の DRAM Frequency を Auto から 400MHz に変更(実際の駆動周波数はこの半分)。コレで 200MHz 駆動するようになりました。変更後も安定しています。

あと、2日ぐらい前にネットで DDR400 1G メモリを4,500円ぐらいで売ってるの見かけたので、即注文しました。どう考えても安いから(笑) 1.5Gあるから微妙な増設になるけどね。

・オーバークロック。

ちょっとアラワザ。CPU 周りは ASUS 謹製の AiBooster を使用。でも3%アップしただけで不安定になので、元に戻しました。GPU 周りは正規ドライバ側で調製。レジストリ弄れば普通に項目出るんですね。結果、RO2 の動作には支障ないけど、別に速くもならないし、他のゲームでフリーズするようになったので元に戻しました。ていうか、時間のムダでした。

そして最後の手段、HDD の換装にもトライ。コレはちょっと長くなるので別記事にします。ていうか、書くのがメンドイ(笑)
posted by ゆーし at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | オンラインゲーム

2007年04月09日

【GCPSO】ラグオル最期の日。

今回は PHANTASY STAR ONLINE(PSO)の話し。

PSO はワタシが初めて触れたオンラインゲームで思い入れもいっぱいあるタイトル。そのサービスが今年の3月31日で終了という報が流れたのは昨年12月のコトでした。5周年イベントのときに『PSO 10周年目指してガンバります!』みたいなコトを言っていたので、そのぐらいは続くのかなーと思っていたんですよね。まー、最近はセガもいろいろ大変みたいだし、残念だけど大人の事情じゃ仕方ありません。

で、最期の1か月、3月1日から3月31日まで GC 版 PSO が無料解放されるというコトだったので、フレとも誘い合わせて久々にラグオルに戻ってみました。PSO どころか GC すら起動しなくなってずいぶん経っていたんだけど、まだ遊んでいなかったクエストもけっこうありましたから。現金なやっちゃなーと言われればそうなんだけれども(笑)

そんなワケで、未遂クエストやチャレンジモードを中心に、久々にラグオルでの冒険を堪能。操作方法とかもほど良く忘れていたので、けっこう新鮮味はありました。あ、伝統の「アイテムロスト」も体験しました。今のネトゲじゃ考えられない仕様なんだけど、ゲームマシンがフリーズすると持っていたアイテムとお金が全部消えるんです、このゲーム。しかも、フリーズする頻度もけっこう高め。今回は運悪くフリーザー(不正パケット送って故意にフリーズを引き起こすユーザー)に当たったみたいだけどネ。

そして迎えた3月31日。ついにラグオルが沈む日がやってきました。この日は PSO 時代からのフレと一緒にその瞬間を見届けるコトにしていたんだけど、思いがけず旧来の PSO フレ(フォースさん)と再会というサプライズもありました。たぶん4年ぶりぐらいカナ? なんでも、持っていた GC が壊れたので、わざわざ中古の GC を買ってきたそうで(笑)

blog07040801.jpg
▲ロビーは時節イベントのお花見仕様。最後の最後までサービスを忘れない運営にちょっぴり感心。

しばらくロビーで歓談したあとは、4人で ULT の「未来へむかって」クエストに挑戦。このクエストは EP1 の内容がダイジェスト的に楽しめます。実装当時はレアアイテムが景品で貰えるというコトでけっこう流行りましたねー。

blog07040802.jpg
▲ラスボス前の花畑。残念ながら DF 戦で全滅してしまってクリアならず。

ココでフォースさんとはお別れ。まだ0時まで1時間ほど時間があったので、残った3人で EP2 の夢幻クエストに。GC 版で追加された EP2 のグラフィック、いま見ても高度な処理をしているなーと目を奪われます。ある意味 PSU の方が劣っているような気もしますね(笑) そして、コレが我ら最期のクエストになりました。

blog07040803.jpg
▲高山地区の海の見える丘にて。EP2 のグラフィックは水の表現が秀逸。

クエストを終えて街に戻ると、残り15分とほど良い時間。最後の瞬間はまったりチャットをしながら迎えることになりました。人の多いロビーを避けて、場末のサッカーロビーでひっそりと。別に GM のメッセージとかが流れるワケではないんですよね。システム的に不可能なのかもしれませんけど。時計を見ながら静かに心の中でカウントダウン。

0時になる瞬間に『ありがとう PSO!』と言って決めようと思ったら…。

blog07040804.jpg
▲10分のロスタイム発生。コレはエイプリルフールのネタなのか!?

ココからはシステムメッセージでカウントダウンしてくれました。まー、ピッタリ終わったほうが良かったような気もするんだけどね。微妙に間が悪いというか…(笑)

blog07040805.jpg
▲コレが本当に最期のスクリーンショット。『ありがとう PSO!』

最終日はロビーで多くのプレイヤーを見かけました。正確な数は不明だけど、自分たちと同じような心持ちでインしてきたユーザーが多かったのでしょうね。実はネトゲの本サービス終了の瞬間に立ち会ったのは、今回が初めてでした。β終了時はショッチュウだけど。なんだか子供の頃に遊んだ公園が取り壊されたみたいな感じで、ちょっと寂しいですね。

PSO にはチートの蔓延や致命的なバグ、思い返せば多々問題がありました。当時はチャット馴れしていない部分もあって、コミュニケーション面でも色々苦労をした覚えがあります。でも、こうして終えてみると良かった面が多かったなぁと。個人的にも今でも付き合いのあるネトゲフレは、みんな PSO 繋がりですし。今回、都合で会えなかったフレもいたのが残念です。あと、手元にプレイデータが残るというのも良いですね。GC のゲームは Wii にも対応しているので、メモリーカードさえあれば、いつでも思い出に浸れそう(笑)
posted by ゆーし at 00:02| Comment(2) | TrackBack(0) | オンラインゲーム

2007年04月03日

ステキなニュース。

ドドンと3連発!

セガ、3Dアクション「ナイツ」の新作をWiiで発売。「NiGHTS: JOURNEY OF DREAMS」(インプレス)
ハードの新化を待っていた!という感じみたいですねー。確かに NiGHTS のゲーム性は Wii のデバイスでこそ、真価を発揮しそうです。当時は珍しかったアナログキーを使った斬新な操作感はもちろんのこと、エンディングテーマ曲を始めとする楽曲のセンスが神がかってました。特にピアンの成長にシンクロして変化していく内蔵音源を使った BGM が大好きで、クリスマス NiGHTS の音楽モードから全フレーズ録音して聴きまくってました(笑) あと、下のほうにリンクされてた記事に書いてある PC で動く NiGHTS っての知らなかったわー。企業ページデッドリンクになってたけど。んー、そろそろ Wii を箱から出さないとなぁ(放置開始から2か月経過)。

今日だけ誰でもモンハンフロンティア!(MHF 公式)
公称10万人以上の応募で、現在参加権があるのは1万人程度。うーん、クライアントのダウンロードだけでもかなり混雑しそうです。確かに負荷テストになるとは思うけど。かなり壮絶な状況というか、普通にログインゲームになりそうな予感。とりあえず、漏れてた人にはスゴイ朗報だと思います。

PHANTASY STAR UNIVERSE イルミナスの野望 ネットワークトライアルサイトオープン!
いきなり今週から始まるというスケジュールもそうだけど、無印 PSU のトライアルでは最後までやらなかったオープンβ仕様で来るとは想定外でした。どう見てもプロモーションの一環です、ありがとう。さらに異例だと思うのは、PSU で育てていたキャラクターがそのまま使えるという点。レベルキャップ80になってからけっこう経過しているので、すでに到達しているキャラも多いと思うんですよね。うちもそうだし。レベル上げの必要がなくて、3週間もプレイできるワケですからねー。まさに「強くてニューゲーム」状態デス。W1 と W2 合わせて8キャラ枠が使えるようなので、新キャラでメイキングを試すこともできそうです。ていうか、コレだけチェックできる余裕が与えられて製品版で不具合が出るようなら、ユーザー側にも責任があるかも(笑) 何はともあれ、コンシューマ版 PSO 終了からウマくリレーしたという形になっているとは思います。発売日もソレほど遠くなさそう…?

あと、トラブル対策という意味で。

Q.ネットワークトライアルで撮影したスクリーンショットを、個人のホームページで掲載しても良いですか?
A.「PHANTASY STAR UNIVERSE」のゲーム画像のご利用につきましては、下記URLをご参照くださいますようお願いいたします。
・「PHANTASY STAR UNIVERSE 著作物利用規約

FAQ 内に上のような記述があります。トライアル参加規約内には無印 PSU の時と同じく「機密情報」として扱うように書かれているんだけど、わざわざ特筆しているぐらいだし、堂々と載っけても問題ない!という解釈で行きます。そもそもオープンβ状態だから、制限しても意味なさそう。

それにしても、もし4月1日に発表されていたら全部ネタかと思ってしまいそうなニュースだなぁ(笑)
posted by ゆーし at 01:57| Comment(0) | TrackBack(0) | オンラインゲーム

2006年07月21日

身から出たサビ。

ガンホー,社員が不正アクセス禁止法違反の容疑で逮捕(4Gamer.net)
普通に考えたらとんでもないニュースです。でも、特に驚きはないんですよね。普段から「あの会社ならやってそうだよね」という流れを何度も見ているせいかも知れませんけれど。むしろ、このゲームのことをある程度知ってる人は、ほとんどウチと同じような印象だったんじゃないかな? ある意味、感覚がマヒしてますよネ…(笑)

何か違和感を感じるのは「不正アクセス禁止法違反」という部分。コレは 4Gamer.net の記者の方の見解とも被るんだけれど。ネトゲ会社内部の人間が関わった不正アクセス事件は過去にもいくつかあった覚えがあります。確かハンゲームだったかな?内部の社員がパスワードを漏らして、外部の人間がアイテムデータを盗んで捕まった、なんてことがありました。今回の場合は、パスを盗んで直接サーバデータを改ざん、それを売って利益を得たという話なのですが、コレって単に不正アクセス禁止の範疇に収まるのかな?という感じです。報道でも莫大な金銭を得ている部分がクローズアップされています。例えるなら、銀行の職員が自分の口座の桁を書き換えたようなモノで、ある意味横領に近い犯罪ですよね。でも、法律的には不正アクセス、ただのデータ改ざんという扱い。刑も比較的軽めなんですよね。いかにバーチャルデータに関する法整備が手薄であるかが顕著に示された事件といえるかもしれません。

もう1点気になるのは、いかに RMT 市場の規模が大きくなっているかということ。あのような膨大な量のバーチャルマネーを捌ききって利益を得ることができる…それだけ需要があるってコトなんですよね。ビッグビジネスじゃないですか。そりゃあ中華方面の方々も必死になるワケです。こんなモノを野放しにしていてもイイのかなぁと。際限のなさは、ある意味パチンコなどのギャンブルをも上回っているような気がします。年齢や時間制限もなくプレイできるし。

それと、生み出されたゼニーの行方。コレだけの量が流れても、ゲーム内では特に大幅なインフレは発生してないんですよね。そもそも MMO の場合は、経過と共にある程度はインフレが進むものなんだけれど、明らかに不自然なハイパーインフレは起きていなかったように思えます。昨年末から何点かイレギュラーなゲーム内アイテムが実装されたんだけれど、コレもそれほど影響は出ず。コレは今回の事件が起きる前からちょっと不思議に思っていた点です。ラグナロクは経済システムの設計が旧く、アイテム自体の価値バランスもそれほど良くはありません。先日、開発元の韓国テストサーバで、ようやく抜本的なインフレ対策システムのテストが始まったばかりです。横行する不正ツールによる爆発的なゼニー増産、大規模なデュープ発生時でもロールバックなしでの運用継続。よくそれで普通にプレイできるバランスが保たれているなぁ…と。なんだかどこかでデータを弄って帳尻を合わせているのかな?という気もしますよ。

まだ色々思うトコロはあるんだけれど、時間も時間なので今回はこの辺で。
posted by ゆーし at 03:27| Comment(2) | TrackBack(0) | オンラインゲーム

2006年06月08日

業界の異端児。

このトコロ PSU ネタの準備を進めているんだけど、なかなかアップできるトコロまで行けません。いろいろ気を遣うのよね。

オープンベータ延期のお知らせ(トラビアオンライン)
トラビアオンラインというネトゲのオープンベータが1か月延期されました。ていうか、興味もないし正直どうでもイイんだけど。じゃあ、なんで取り上げるのかって言うと、お詫びページの Flash がちょっとスゴイらしくて。ほうほう、さっそく見てみるヨ。

blog06060701.jpg
うわぁ、自虐ネタかヨ!

え〜と、コレの問題点はふたつあります。

ひとつは、お詫びとお遊びの同化。本当にお詫びする気があるのか〜?という話ね。これでは、お詫びの部分が完全に打ち消されてしまっています。まぁ、どの程度期待されていたタイトルかは知りませんけど。そうですね、人気タイトルに置き換えてみると…例えば、4月1日に見吉氏のブログで PSU のβトライアルの予告っぽいものが出されましたけど、散々延期しておいてそういうネタはないだろうと、何件か抗議コメントが書き込まれました。実際には本当に実施されたので良かったんだけれど、もしジョークだったら…ちょっと引いたと思います。要するにそういうコト。あと、お遊びのセンス自体も悪いですね。普通にサムイ笑えない。

もうひとつは、GM に対する扱い。ジョークとはいえコレはあんまり。タダでさえ GM という職業は処遇が悪いと聞きますし、気まずいモノを感じます。この会社 GM 募集してるみたいだけど、もし自分が GM 志望の立場だったら、こういう会社には勤めたくないかなぁと思いマス。

まぁ『他とはちょっと違うゼ!』ってな気持ちが、ちょっと悪い方に向かっただけなんでしょうけどネ。結果的に注目は集まりました。

ブラックなのか、嘲笑か(ネトゲナウブログ)
ていうか、塩肉サンのキレ方もスゴイ。RMT ネタの時よりキレてるし。こんな扱いされたら即座に辞表出しそうな勢いだなぁ。やっぱり GM からキャリアアップしてきた方だけあって、GM に対しては特別な想いがあるのでしょうか。

「ブライトキングダム」の世界を,★GA★と一緒に楽しむイベント(4Gamer.net)
そんな塩肉氏の手がけるブライトキングダムには、一風変わった「GA」という役職が導入されました。まさにディズニーランドのミッキーマウス役という感じカナ? 完全ロールプレイで応答してくれるのか、(クラブのホストのように)普通に話し相手とかもしてくれるのか、気になるトコロ。後者だとけっこう中の人のスキルが要求されますよね。カリスマ的な GA がいて一緒にプレイ権とか売り出したら、買っちゃう人もいるかも(笑)

ハイファイブも『他とはちょっと違うゼ!』カラーが強い会社になりつつありますね。今のトコロは良い方に向かっているのかな。ブラキンは最初のテスター募集時に落とされたので気持ち的にスルーしてたんだけど、ちょっと覗いてみる価値はありそう。
posted by ゆーし at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | オンラインゲーム

2006年06月07日

ガイドラインの価値は。

オンラインゲームフォーラム、「オンラインゲームガイドライン」を公表 (インプレス GAME)
コレは昨日のネタなんだけど、ちょっと1日寝かしてみました。

ガイドラインの内容以前に、オンラインゲームフォーラム(OGF)に参加しているパブリッシャー自体少ないですね。大手のアノ会社とか新進気鋭のソノ会社とか、どうして参加してないの?ってのが素直な感想デス。

誰のためのガイドか(ネトゲナウブログ)
そんな会社のひとつ、ハイファイブを取りまとめている塩肉氏のブログにこんなエントリが。塩肉氏は以前 RMT の対談記事で、業界内で RMT に関しての取り交わしがなされていない点を指摘されていましたけど、今回のガイドラインには賛同していません。記事読むと、なんだか複雑な事情がありそうね。ネトゲ業界の横の繋がりの薄さも感じられるかな。

ガイドラインの内容自体は特異なモノではないので、どこの運営会社でも参加できそうな敷居の低さではあると指摘されています。逆に言えばコレが最低ラインというか、大きく外れるような方針の運営会社はまずないような気もします。あまり細かく決めると、各社の特徴が出せなくなってしまうという恐れもあるでしょうし。まずは OGF 賛同パブリッシャーを増やして、それから次へステップアップという目論見があるのかもしれません。ネトゲがその地位を確立してから随分経つけど、改めてまだまだ成長途上のジャンルだなぁと実感させられますね。先は長そう。

誰のためのガイドか…という部分では、ユーザー側、運営会社側それぞれに事項が盛り込まれていますから、双方の歩み寄りを示唆しているのかなぁと思います。ネトゲはサービス業という形態ではではあるんだけど、ユーザー側にも守るべきコトが多数あります。不正はダメだとか、ネトゲやり慣れてる方には当たり前のコトなんだけど、初心者にはちょっと敷居が高く感じられる部分があるでしょう。そういったサービス側からするとデメリットにもなり得る部分を、敢えて明確にしたってコトにも意義が見出せるかな…?

何にせよ、今回のガイドラインは最低ラインに過ぎないので、これでユーザーのネトゲライフが変貌するなんてコトはありません。運営側も同じ。過剰な期待は禁物デス。

それにしても、塩肉氏は社長やってる方とは思えないような、ユーザー寄りの視点ですね。ちょっとフランクすぎるかな?って気もするけど(笑) ブラキンも、普通にゲーマーとして参加してるみたいですねぇ。
posted by ゆーし at 02:00| Comment(0) | TrackBack(1) | オンラインゲーム

2006年06月05日

下落傾向。

だんだん話題がネトゲとかけ離れていくなあ。ていうか PSU トライアル以後、全然プレイしてません。ギルドウォーズのイベントもスルーしちゃったし。

急成長ブログ監視サービスの現場(WBS)
メモ。今夜放送分です。最近話題のブログ方面のネタともシンクロするので、とりあえずチェック。そういえば、ウチにもピットクルーのロボット来てましたヨ。ワードに反応しただけだと思うけど。今日はコレが書きたくてエントリ投下。以下適当に。

前回のネタの続きで、アフィリエイトについてはいずれ書こうとは思うんだけど、今書くと腫れ物に触るような感じになっちゃうからパスしとこ。今回の件で相変わらずアフィリに嫌悪感を抱いてる層が、かなり多いのが浮き彫りになったというか。まぁ確かに『誰でも簡単にブログで100万円稼げる!』とかキャッチコピーも胡散臭いからなぁ(笑) イメージ先行している部分がありそう。

MMORPG「A3」でプロゲーマー制導入,賞金200万円の大会を2006年中に開催。「A3 リニューアルプレスカンファレンス」(4Gamer.net)
数日前の記事。元々は R-18 タイトルとしてスタートした A3 も、ずいぶん様変わりしましたね。国内での PvP タイトルの不振ブリが顕著化している昨今に、また思い切った方向転換を。そもそも対人戦で遊べる仕様なのカナ? ラグナロクもシボんでいったら、こんな感じで迷走しながら延命していきそうやね。そういう意味でも、今回の『チャーンス』を活かしてカッツリ引導を渡しておきたいトコロ。さり気なくコワイコト書いてるね(笑)

blog06060502.png
ウチのラグナロクサイトの掲示板には、776にチナんだ画像が貼り付けられるコトが多いんだけれど、さすがにコレ貼る人はいませんでした(笑)

確かに株価は下落傾向なんだけど、アエリアの件とか色々複合要素もあるので何とも言えません。むしろ、ジー・モードの下落幅が大きいのが気になります。ガンホーと組む前は安定していたのに。

続きを読む
posted by ゆーし at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | オンラインゲーム

2006年05月31日

PSU 発売日決定…かも。

店長からのメッセージ(ゲームズマーヤ)
「コンデムド」は8月31日、「フルオート」は9月。「PSU」は!?(X's Network)
気の早いショップでは予約も再開されていますし、さすがに確定でしょう、コレは。長い放置プレイでした。あと、今週発売のファミ通に PS2 版体験ディスクの案内があるみたいデス。以下、スキャン画像より一部抜粋。

週刊ファミ通 ファミ通PS2 合同企画
プレイステーション2版先行体験ディスクを抽選で3000名にプレゼント
内容:ストーリーモード第1章、ネットワークモードの一部。


ハガキかインターネットで応募する形になるようです。欲しいけど、たった3,000名じゃ当てる自信ないなぁ。ソーサリアンオンライン外したし…(笑)
posted by ゆーし at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | オンラインゲーム

2006年05月26日

無線 LAN でネトゲ三昧?

【半額!】FF12特典付きを特別プライスにしました!!(Amazon)
このリンク自体はアフィリじゃないので安心して(笑) 特典付きのが、まだ売れ残ってるんですネ。要らんけど。ていうか、仕入れすぎ? ソレよりもとっとと NDS を仕入れてクダサイ。(伏線)

ソレはさておき、ついに我が家にも無線 LAN が導入されました。購入したのはバッファローの子機付きパック。NDS Wi-Fi 対応が決め手になりました。NDS 持ってないんだけどね。

接続テストは DC 版 PSO で行いました。無線 LAN って見るからに難しそうだし、ブログのネタになるかなぁという淡い期待もあったんだけど、見事に裏切られました。アッサリ繋がりすぎ。ていうか、ちょっと動かしただけで貴重な DC がブッ壊れマシタ。どうしてくれる、無線 LAN(たぶん無関係)。まぁ、こんなコトもあろうかと2台買っておいたんだけどね…(笑) そんな感じで、久々にラグオルに降りて森をひと回りしてきました。最終セーブが2002年7月だったから、実に4年ブリです。さすがに寂れているというか、全シップで50人程度? 誰ひとりギルカ検索にかかりません。切なくなったのでログアウト。

ちなみに、DC とは相反して PC のほうで問題が発生しました。さすが DC をブッ壊すだけあって、やりおるヤツです。でも、大してオモシロイ話ではないので省略。

ガンホー代表取締役社長森下一喜氏特別インタビュー ガンホーグループの次世代オンライン戦略を聞く(インプレス GAME)
大してオモシロイ話ではないのでコメントは省略。

ていうか、ちょっと前までは他の運営タイトルの話が多くて、ラグナはもう切り捨てるのか〜ってな印象すらあったんだけど、最近はまた妙にラグナロクに力を入れ始めましたね。ていうか、原点回帰? まぁ他のネトゲだと、パッケージ代+月額課金ってのもありますし、月額課金の割安感が成せるワザという意味では、なかなか目の付け所がシャープです(ほめ殺し)。さすが、課金課金と連呼していた課金プリンス(ほめ殺し)の考えるコトは違います(ほめ殺し)。

『北斗』全ての“漢”が登場!?ガンホー森下氏が語る!(Gpara.com)
『戦うことがコミュニケーション』というコトで、どうやら対人戦に比重を置いたタイトルになるようです。20〜40代のゲームになじみのない層をメインターゲットにしているみたいだから、アクション性は低いのカナ? カードゲームとか。
posted by ゆーし at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | オンラインゲーム

2006年05月24日

夢が広がるユビキタス。

てなワケで、無線 LAN 導入計画を発動。(伏線)

blog06052401.jpg
なんか来たヨ。ていうか、コレ募集してるコト自体、知らなかった方も多い気がします。ワタシも気づいたの締め切り前日だったし(笑) とりあえず、PS2 用ネットワークアダプターと USB キーボード用意しないと。持ってないのに応募してスイマセン。

トーナメント・チャレンジキャンペーン(ギルドウォーズ公式)
こちらのイベントの期間は5月28日午後11時59分まで延長されました
ロスタイム発生。けっきょく1週間では恩恵取れなかったみたいね。う〜ん、ワタシもギルドウォーズプレイヤーの端くれ。他人任せってのもアレなので、ちょっと週末あたりチケット買って参加してみようかな。ていうか、何の役にも立たないけど。コノ状況からも分かるとおり、丘で勝つのってかなり難しいんですよね。ルールも複雑だし、RA とは違ってチームビルドの知識や経験も必要。韓国は数で押し切って恩恵取ったっていう話もあるんだけど本当かな? ソレでかなり嫌われてるみたいだし。可能なら最後の手段としてやってみてもイイと思う。

「ダンジョンズ&ドラゴンズオンライン」6月19日からクローズドβテスト(4Gamer.net)
募集数は3,000名ってことでちょっと少なめ。洋ゲーは競争率低いから、応募すればまず当たるでしょう。

Gravityの株主らが、株主価値を最大化させるさらなる事業展開を検討するための特別委員会の創立を要求(Business Wire:韓国)

blog06052402.jpg
『チャーンス』

普通なら『な〜んか韓国企業が都合のイイコト言ってるヨ!』ってな話なんだけど、コレばかりは別。とりあえず、グラヴィティに移管された場合のメリットを考えてみるヨ。

・アップデートが早くなるかも?
・攻城戦が週2回になるかも?
・GM コールが実装されるかも?
・公式でアカウント BAN プレイヤーの名前が晒されるようになるかも?
・公式サイトに掲示板が設置されるかも?
・ファンサイトリンクもできるかも?
・韓国製のラグナロク関連グッズが今より安く買えるようになるかも?
・ラグナロク2との同時運営がほぼ確定されるので、相乗効果が期待できるかも?
・ユーザーが減ってサーバが快適になるかも?(微妙)
・ヒャック氏が GM になるかも?(まだ在籍してるのかな?)

デメリットは…特にないかも? 仮にユーザーが減った場合でも、ライセンス関係でマージン取られないから、売り上げにはそれほど響かないと思います。

まぁでも実際、ガンホー以外で他に運営を任せられる会社があるの?というと、ちょっと考えちゃいますね。タメを張ってる某大手は、洋ゲーパブリッシングにことごとく失敗して、自社のコンテンツですらすぐに投げちゃうような会社だし、ソフトバンク系列の某社もタイトル抱えてるワリにはいまいち伸び悩み状態。GE やってる HUE も印象はイイんだけど、実力はまだ未知の部分があるしなぁ。個人的には塩肉氏の会社(ハイファイブ)辺りにやってもらうと、オモシロイとは思うんだけどね。バクチっぽいケド。第一希望というか可能ならセガですね。PSO シリーズだけではなくて、RF オンラインって韓国産のネトゲも運営していますから、パブリッシングノウハウは備えているハズ。あと、コミュニティの運営にも長けています。今でこそ2ちゃんねるが最大手ですけど、ソレ以前の大規模掲示板群といえばセガ BBS でした。そして何よりも、PSU と一緒に応援できるってのが大きいですネ(笑)
posted by ゆーし at 23:37| Comment(3) | TrackBack(0) | オンラインゲーム

2006年05月22日

ソーサリアンオンライン、クローズドβテスター募集開始。

PSU トライアルが終わって以後、まともにネトゲをプレイしていないのでネタ切れ気味デス。

ソーサリアンオンライン、クローズドβテスター募集開始(公式サイト)
コレ、韓国製ネトゲかと思ってたら思いっきり国産でした。アクション性の強い MO ってコトで、ちょっと注目。なんだか発表からテスト、正式サービス開始までのスケジュールが妙に詰まってるのが気になります。ライトな内容になるんでしょうか。開発元は「シャドウフレア」っていう変わりダネのネトゲ作ってた会社みたいだから、あんな感じでエピソード別にパッケージ販売するのかな〜と適当に予測。

トーナメント・チャレンジキャンペーン(ギルドウォーズ公式)
イベント始まって5日目だけど、まだ恩恵を取れていない様子。日本勢が丘を占拠する勢いで乗り込めばアッサリ取れるのかな〜と思っていたんだけど、そう簡単にはいかないみたい。なんというか、プレイヤーの少なさが浮き彫りになってますね。ひょっとすると韓国版よりもユーザー少ないかも。ワタシもチケット切れてます。

20日から DC 版 PSO が無料開放されましたヨ。
DC 版持ってて久々にアイテムロストのスリルを味わいたい方は参加してみてはいかがでしょうか。ウチには DC はあるんだけど、接続環境がないからちょっとムリ。この機会に無線 LAN でも入れようかなと検討中デス。いやぁ、別にそんなに積極的に DC 繋げたいってワケじゃなくて、今後のネトゲ環境のために。バッファロー製品なら NDS Wi-Fi もそのまま繋がるんだっけ?

日本最大級の会員数を誇る「ラグナロクオンライン」が2006年5月に登録ID数150万IDを突破!(ガンホー公式:プレスリリース)
1年ぐらい前に100万突破とか言ってましたから、順調なペースと言えるのかな。その割には接続者数は伸び悩み中デス。引退者が多いのか、単に ID 水増ししてるのか…ネトゲ業界七不思議のひとつ。

ガンホー、「RAGNAROK ONLINE Japan Championship 2006」を開催 「ラグくじ」発売で大行列、次期アップデートは7月実装(インプレス GAME)
聞くところによるとダフ屋も出たとか。ほとんど元手がかかっていない商品なので、ガッツリ丸儲けですネ。

昨年まではチマチマとアイテムチケット付きパッケージなんかを売ったりしてましたけど、3月の「ガンホー・オンラインショップ(3/16-3/31)」の成功で本格的に「イケル」と判断したのでしょう。資料見ると思いのほか収益を上げたみたいですし(参考資料)。最初のクジは、比較的おとなしめというかショボイ内容だったんだけど、4月24日からは、新たにレア装備を加えて大幅にアイテム内容をグレードアップした高額バージョンのクジを販売(参考記事)。コレって月額課金と同じ額面なんですよね。こんなのが売れるってんだからコワイ。そして今回の超激レアアイテムが当たるってな触れ込みで販売した RJC 限定ラグくじ。コレもサクッと完売しました。

ECO も確か月額だっけ? なんかアッチと同じような感覚で、普通に月額+アイテム課金状態になりつつあります。普通に考えたらあり得ない収益モデルというか、手法としては「法には触れなきゃ何してもイイ」という感じですよね。そのうち客単価の高さをアピールし始めると予想。ていうか、そろそろこういうの取り締まる法律とかできないんでしょうか。どう見ても射幸心煽りまくっていますヨ。

う〜ん、ラグナロク絡みの話題は(たいていオモシロイ話ではないので)なるべく取り上げたくないんだけど、ココ最近はちょっと目に余るというか。つい口出ししたくなっちゃいますね。
posted by ゆーし at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | オンラインゲーム

2006年05月18日

ネトゲとハッキング。

今回はちょっとネガティヴ系の話題デス。

ネトゲ絡みのトラブルといえば、不正ツールやゲームサーバへの不正アクセスなどが挙げられます。コレはゲーム自体というか運営側を狙った攻撃なんだけど、ソレとは別にプレイヤー側を狙った攻撃もあります。

TSPY_LINEAGE.NW(発見日 : 2005/10/23)
ソレはトロイの木馬、キーロガーという類のモノ。密かにパソコンに侵入してユーザーのキー入力情報を記録、得られた情報を第三者にメールなどで送信するハッキングプログラムです。コレに感染するとアカウントやパスワードといった重要な情報を盗まれてしまうコトになります。トロイはその活動が目立たないようにするために特定の機能に限定されたモノが多いのが特徴で、中には特定のネトゲにターゲットを絞られたモノも存在します。ネトゲをプレイしない方にはほとんど影響はありませんけど、ネトゲプレイヤーにとっては大変脅威な存在です。トロイはノートンなどのセキュリティソフトを用いれば容易に検知できるとはいえ、パターンが出ていない時点で広まったりする可能性もありますので、万全な対策というものはありません。感染しないためには、常日頃からネットに転がっている怪しいモノに手を出さないように注意を払うことが大切です。

じゃあ、なぜそういうトロイが作られるのかというと、コレは RMT と密接な関係があります。製作者の狙いは他人のアイテムを盗み取り、ソレを売りさばいて現金化するコト。一説には RMT 業者がトロイを作ってバラ撒いているという話もありますね。リネージュというタイトルは昔から RMT が盛んに行われていて、特にこの手のトロイのターゲットにされてきました。

お問い合わせ>アカウント盗用(リネージュ公式)
リネージュの場合、アカウント盗用によって被害を受けた場合のガイドラインがあって、被害者が申請すればキャラクター情報の復旧を行ってくれます。アカウントの盗用が行われたと判断された場合は、警察に被害届を出してくれるみたい。基本的に運営側が被害届を出してくれないと、事件として捜査されませんからね。過去にそういう事例が多かったから制定されたんだとは思いますけど、なかなか親身な対応といえます。ときどきネトゲのアイテム盗難で逮捕なんてニュースが出ますけど、リネージュ絡みが多かったような気がします。

お問い合わせ>アカウント盗用(リネージュII公式)
同社の運営する他のタイトルにも同じガイドラインがあります。コレとは別にハッキング被害以外でアイテムを失った場合でも、一定の条件を満たしていればデータの復旧を行ってくれるようです。

最近はリネージュだけではなく、他のネトゲもターゲットにされ始めました。ぶっちゃけラグナロクなんだけど。

IDやパスワードの盗難にご注意ください!(ラグナロク公式)
1週間ほど前、比較的広範囲にラグナロクのユーザーを狙ったトロイが出回って、ちょっとした騒ぎになりました。公式サイトでも告知が出されたほどです。不正ツールの話題は毎日のように出てくるんだけど、トロイなんてのは対岸の火事というか、多くのユーザーにとって想定外の出来事でした。現時点で、ラグナロクにはリネージュのようなアカウント盗用に関するガイドラインはありません。運営側もまた新しいトラブルの火種が出てきたのか〜と頭を痛めてそうだけど、現実問題として出てきたワケですから、早急な対応策が求められます。

要するにラグナロクはリネージュに代わる RMT のタネとして、ウマミがあると目を付けられたワケ。ですから、今後も新たなトロイが出現する可能性が濃厚です。このように RMT は不正ツール使用などでゲーム内の経済、コミュニティを荒らすだけでなく、アカウント盗用といったセキュリティ面での問題もハラんでいます。RMT については、ネトゲを語る上で避けて通れないテーマになってきました。
posted by ゆーし at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | オンラインゲーム

2006年05月17日

ゲームと宗教とスパム。

今日も記事を拾い読み → ツッコミのパターンです。

「グラナド・エスパダ」で5月19日に大規模アップデート実施(4Gamer.net)
コレで先行していた韓国版に追いつくコトになります。当初は韓国版とのアップデート時差が1〜2週間程度といわれていたので、それほど速いというワケでもないんだけれど。

最近は,正式サービスと同時に新機能を追加して「βテストの意味って?」というようなゲームも多いのだが,βテスト中にここまで機能を追加するのは珍しい。
4Gamer.net の記者の方は、ときどきイイ感じのツッコミをされるので好感が持てます(笑) でも、そこまで大規模かなぁ…というかコレを正式サービス同時アップデートとするには、ちょっと弱い気もします。正式サービス移行時には、今回を上回る何か巨大な陰謀じゃなくて追加要素が隠されているんでしょうか。少なくとも、韓国版ではそうでもしないとユーザーをつなぎ止めるのは難しそう。

ていうか、昨日 MCC3 到達イベントでも済ませておこうかな〜っと思ってログインしたら、終わってましたヨ(笑) どう見ても、この人全然ログインしていません。ありがとうございました。

セガ、PSP「街 〜運命の交差点〜 特別篇」チュンソフト、中村光一氏が語る「街」そして新作「かまいたちの夜×3」(インプレス GAME)
セガサターン版から早8年。ワタシはノベルもあんまり読まないし、当時は実写採用ゲームはハズレってな印象が強かったから、実はあんまり興味がなかったんですよね。チュンソフトの他のサウンドノベルもスルーしていましたし。何がキッカケでプレイしたのか忘れちゃったけど(体験版だったかも)、一気に最後まで読破。クリア後もしばらく頭に付いて回りました。いまでは街教の立派な信者デス。PSP 版は買ってないけど(笑) それなりに時事ネタ入っているから、今読むと古臭く感じる部分があるかな。あと、当時無名だった今有名人な方も何人か出演しているので(北陽の伊藤ちゃんとか)、あの人は昔こんな仕事してたんだ〜ってな感じで楽しめると思いマス。

街教の教え:「町」にあらず。「街」なり。
ファイアーエムブレム教の教え:「エンブレム」にあらず。「エムブレム」なり。

ランキングリセットと悪い運営会社とスパム対策(MMO総合研究所:管理人雑記)
最近一部で話題になっているハッキングとかスパム投稿。どうやら MMO 関連サイトにじゅうたん爆撃されていた模様デス。ウチのラグナロクサイトでも同じ内容の「Hi! Nice site!」と書かれた投稿がありましたけど、スパム自体はそれほど珍しくないので、特に気に留めていませんでした。組織的にやってるのカナ? ブログのほうでも、最近トラックバックスパムが増えてきました。エントリ投下直後にアクセスが妙に増えるので、おそらくロボットかなにかで新着を監視しているんでしょう。コチラは比較的単純な方法で防げるんだけど、できればブログサービス側で自動対処して欲しいかな。メール関係のサービスはあるんですけどね。

5月12日のエントリで取り上げた記事を見てからは、この手のスパムがあると「やっぱりアレ系なのカナ?」とか考えちゃいますね。明らかにスパムメール業者っぽい投稿もありますし。ネトゲってのは通常の商品以上にネットでのクチコミ効果が大きいですから、業者が神経質になるのは仕方ないのかも。
posted by ゆーし at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | オンラインゲーム

2006年05月15日

放置プレイ開始。

そろそろ PSU のレポートが来るのか〜?と思ってる方には申し訳ありませんけど、まだじらします(笑) ていうか、先にギルドウォーズの記事が来るかも。

ファンタシースターユニバース 公式サイト終了
本日終了。掲示板も止められました。放置プレイ開始です。GC 版のときはトライアルが終わって1か月後ぐらいに発売されたんでしたっけ。ていうか、GC 版ってかなり長期間トライアルやってたんですネ。

「ギルド ウォーズ」トーナメント・チャレンジキャンペーン開催(4Gamer.net)
ようするに丘で5連勝すればイイのね。簡単じゃん。ていうか、一度も勝ったコトがありませんスイマセン。丘自体ほとんどやったことないけど。確かにログ見てても「日本区域に神の恩恵がもたらされました」って出ることは、ほとんどありませんね。

ああ、ゴメン間違えました。「ほとんど」じゃないです。

トーナメント・チャレンジキャンペーン(ギルドウォーズ公式)
そして… ここだけのお話ですが、残念なことに我ら日本といえば……。
未だ『神の恩恵』を獲得したことがございません! 大変悔しいです!

1回もないのか〜! どうりで賞品がやたらと豪華なワケだネ。ある意味屈辱的だけど。

ダンジョンズ&ドラゴンズオンライン “ストームリーチ”(4Gamer.net)
公式サイトがオープンしてたんですね。さくらのレンタルサーバ利用者優遇でテスター選出とかないかなぁ(笑)

The Lord of the Rings Online:Shadows of Angmar(4Gamer.net)
海外版はテスター募集してますね。日本の運営会社はまだ決まってないけど、開発元は D&D と同じ Turbine だから、やっぱりさくら?
posted by ゆーし at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | オンラインゲーム

2006年05月13日

E3 2006 まとめ。

E3 2006 閉幕。あんまり大きなサプライズはありませんでしたね。PS3 にしろ Wii にしろ昨年発表されたマシンですし。

E3 2006: Fire Emblem Sequel(IGN)
自分は値段とか基本的に関係ないけどね。ネオジオ(ROM 版)とか最高級ゲームマシン X68k のユーザーでしたし。ていうか、任天堂のマシンは買わざるを得ない運命なのデス。でも、このシリーズはコントローラジェスチャーとか関係ないよなぁ。リセット用のアクションは欲しいけど(笑)

Phantasy Star Universe(mtv.com)
PSU の新情報は特にナシ。ていうか、その他諸々って感じの扱いですね。PC 版も出展されてなかったのか、4Gamer.net でも取り上げられていません。

ネトゲ関連は例によって 4Gamer.net にいっぱいムービーが上がってますけど、ほとんど洋ゲー。まぁ、アメリカのイベントなので当然だけど(笑) とりあえず、気になったタイトルを適当にピックアップしてみます。

Tabula Rasa(NCsoft)
リチャード・ギャリオット氏が手がける MMORPG ということで注目されてマス。3人称視点だけど操作系は FPS ライク。ムービー見る限りでは戦闘シーンが単調だし、いまいちピンとこない印象かなぁ。

Dungeon Runners(NCsoft)
ライトゲーマー向けの探索アクション RPG 。拠点が MMO で探索エリアが MO になってるので、PSO に近い感覚で遊べそう。グラフィックがちょっと地味かなぁ。

Aion:Tower of Eternity(NCsoft)
リネージュII の後継作って感じなのカナ? 画面は綺麗だけど。つーか、NCsoft ばっかりだなぁ(笑)

Hellgate: London(Flagship Studios)
有名クリエイター制作ってコトで注目のタイトル。コレも FPS ライクな MMO です。この系統では一番遊べそうな要素が多い印象。

Gods & Heroes: Rome Rising(Perpetual Entertainment)
ローマ時代がモチーフの MMORPG 。8人同時操作ってのが売りみたいですね。ギルドウォーズのような NPC じゃなくて、全部プレイヤーが操作してました。多けりゃイイってモノでもない気がする…(笑)

[E3 2006#098]韓国Webzenの3作品プロモムービーをUp(4Gamer.net)
3つまとめて。SUN のムービー、構成がカッコイイですネ。内容はどんなのか知らないけど。Huxley は最近流行の MMOFPS なんだけど、なんと最大100人対100人の同時対戦が可能。Wiki は以前ゼルダに似てると話題になったコトがあったけど、そのまま開発は続行されていた模様。でも普通にオモシロそうな感じですね。日本でもそれなりに人気が出そう。Webzen はさすが韓国大手だけあって開発力は相当なものがありますね。一時はグラヴィティと張り合っていたんでしたっけ。
posted by ゆーし at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | オンラインゲーム

2006年05月12日

ネトゲの運営には欠かせない?新手のソリューション。

ネトゲの話題と関係あるような?ないような?ちょっと興味深い記事を見つけましたので、ソレについて。

ネット風評被害把握へ 監視体制に70企業が契約(2006/5/9)(FujiSankei Business i)
掲示板の中傷が過熱した場合には、書き込みで誘導し、悪意を緩和させる措置も取る。
よくネットで特定企業への議論がヒートアップすると、関係者と思しき人物が現れて話題をそらすような書き込みをしていくってな都市伝説があるけれど、実際にソレを仕事にしている会社があるみたい。ん〜、最近の話題で言うと PS3 あたり? ネットの風評は度外視できないなぁと実感させられますヨ。ネトゲ運営会社の中にも、毎日のように(ピー)会社とか罵られて中傷を浴びせ続けられているようなトコロもありますから。ドコとは言わないけれど。この手の会社のお世話になってる企業は、案外多いんじゃないのカナ?

ネット上の誹謗中傷の対処法(ガーラ)
具体的にどんなお仕事してるのカナ?と企業サイト見てみると、コレがなかなか多種多様というか。企業への中傷発言があるのかどうかの調査から、顧客の生の声を伝えるサービス。逆にコミュニティ運営側に立った、不適切な発言をシャットアウトするといったサービスもあるみたい。掲示板の参加者に成りすまして誘導発言するってサービスは、さすがにないみたいネ。基本的にはロボットで大手掲示板や個人サイトを巡回して、調査内容を企業に随時レポートするというシステムのようです。

万一悪いイメージの口コミ(書込み)がなされた場合、永年培ってきた企業イメージを一瞬で毀損する力を発揮することがあります。
企業というか特定商品のクチコミで、ソレを感じることは良くありますね。ワタシの場合、気になる商品があるときはカカクコムのランキングを見るんだけど、ちょっとでも欠陥性を指摘するような発言があると、それだけで購買意欲が薄れちゃいます。商品購入検討時のネットのクチコミ効果は比較的大きいですヨ。そういうのを防いで、逆に持ち上げたりするのカナ? まぁ、最初からずっと悪いイメージなので、もうこれ以上毀損されようがないっていう会社には関係ないかもね。ドコとは言わないけれど。

業務内容(ピットクルー)
コチラの会社は、さらにツッコんだ業務内容になっています。掲示板の監視から、問題発言の削除。メールサポート業務やシステム監視など、あらゆるオンラインサービスに関する支援ソリューションをご提供。ネットの巡回もロボットではなく人の目で行っているみたい。さらには、ネトゲのゲームマスターなんてのも。ネトゲ運営会社の中には、ゲームマスターというクラスを廃して、外部の会社に委託してるってのを公言してたトコロもありましたね。ドコとは言わないけれど。まさにソレを肩代わりするような業務デス。にしても社員数326名ってのは普通に大規模ですね。募集の雇用形態が全部アルバイトってのがアレだけど。

ラグナロクオンライン公式サイトリニューアル完了(ラグナロク公式)
コレね。ちょっとシツコイですか、ゴメンナサイ。ん〜でも、ファンサイトリンクやソレに代わるコンテンツを一切廃しているってのは、他のネトゲの状況を見てもかなり異例と言えます。この運営会社の他のタイトルには、ちゃんとありますからネ。じゃあ、なぜできないのか…ソレは今回の記事のどこかにヒントが!という感じでまとめておきましょう。な〜んか歯切れが悪いけど、下手なコト書くと監視対象にされそう…だヨ(笑)

ていうか、上記のガーラって会社「Flyff Online」と「Rappelz」、「Space Cowboy Online」っていうネトゲタイトルの権利持ってますね。英語圏の。地味にスゴイ企業かも。意外なトコロでネトゲの話題につながりマシタ。めでたしめでたし!(意味不明)
posted by ゆーし at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | オンラインゲーム