2009年10月04日

【AION】クソゲーと言い切れる理由とか。

各種ゲームバランス,BOT,アカウントハック……。「The Tower of AION」プレイヤーが気になっていることを全部運営チームに聞いてきた(4Gamer.net)

この夏、未曾有のアカウントハック騒ぎを引き起こしたタワー オブ アイオン(以下、AION)の運営チームが、ようやく口を開きました。

【アカウントハックの件】
4Gamer:
 原因がそこまで明確に分かっているのなら,プレイヤーの任意ではなく,強制的にパスワードを変更させるようにはできないのでしょうか? 他社さんのタイトルではそういったことを行ったものもありましたよね。

西本氏:
 パスワードを強制的に変更するのは,社内でも検討はしたのですが,(以下略)

「したのですが」ってナンデスカ??? 異常な事態が発生しているコトを把握しているなら、即座に対処すべき。AION のセキュリティガードは、最近のゲームにしてはモロくて、Web から plaync にログインするだけで、プレイ可能です。その他のロック機構は、何もありません。ひとつ突破されたら万事休す。にもかかわらず、現在に至るまで何もしてないんですよ。今後セキュリティカード導入の目処は立ってるみたいだけど、肝心なときに動かなかったというのは大失態です。

【BOT の件】
海老塚氏:
 そこは少々誤解があります。(中略)名前の中に平仮名とアルファベットが交じっていたり,日本人のセンスでは到底付けないような名前だったりといった根拠で,BOTだと推測されているのかと思います。しかし,たとえそのように推測されていても,実際にゲーム内ログや対話等の調査をすると,人間が操作しているキャラクターなのです。

誤解ではなくて、言われるまでもなく、分かっているコトです。運営の言う基準なら、AION の BOT はほとんど「肉入り」ですから。単に無人で BOT が動いてるからアウト? ソレじゃいくら通報しても減らないハズです。もっと包括的に考えて! 彼らはゲームで遊ぶために来てるんじゃなくて、RMT でお金を稼ぎに来ているんですよ。ソコをシッカリ違反行為と見られるかという話。「BOT 推奨オンラインゲーム」というのは、あながち間違った表現ではなかったデスネ。

まー、アレですね。BOT やアカウントハックの話は、だいたい想定の範囲内でした。普通に仕事をしていないだけ。故意なのか、能力がないのかは分からないけれど。

うちが一番ビックリしたのはこの発言。
西本氏:
 時空の亀裂へ入る際にはレベル制限がかけられていて,(中略)
 潜入系についてですが,そもそもクエストをコンプリートする必要なんて,ないと思います。個人的にいま育てているキャラクターも,潜入系は一つも行っておらず,クエスト一覧にずらりと並んでいますよ。まぁ,いずれレベルを上げたときに,まとめて行おうかなと思っていますが。

コレは完全にアウト。用意されているコンテンツを別にやらなくてイイとか、トップの立場の人が言っちゃダメ。むしろ、潜入クエストというのは、既存 MMO の集大成…没個性テンプレゲーの AION では、数少ない独自要素のひとつです。ソレを否定するなんてとんでもない!

現実問題として、レベル40から上のクエストは、何らかの形で潜入絡みのモノが多いんですよ。ユニーク系の装備が入手できるクエストもあって、モチベーションをぐっと引き上げる要素になっています。また、この人が言っているように、亀裂入場にはレベル制限があります。レベルを上げすぎると、パーティ参加お断り的な部分もあって、極めてクリアが難しくなるんです。クエストは微妙に連鎖しているので、起点クエストを逃すと、続きのクエストが始められません。「いずれレベルを上げたとき」に手を着けたら、もう遅いんです。

不正への対処はおろか、ゲームの特性すら理解していない…コレはちょっと厳しいですね。せっかく莫大なコストをかけてクオリティの高い作品を作っても、運営がダメなだけで大きく評価を落としているんじゃ、開発者も悲しむでしょう。

4Gamer サンも、手厳しいコメントで締めています。

このあたりの効率化は,オンラインゲームの運営会社であれば行っていて当然のものであって,新参の会社であればともかく,エヌ・シー・ジャパンクラスの会社で,この効率の悪さというのは許されないのではないだろうか。

課金料金の高さから見ても、妙なブランド意識は持っているんでしょう。韓国や中国ではナンバーワンかもしれませんけど、ココは群雄割拠するゲーム大国日本。もはや、ネトゲ黎明期の頃のようなクオリティでは通用しません。←というようなコトを、アンケートにも書きました。
posted by ゆーし at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | AION
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32668023
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック