2009年06月16日

【AION】タワー オブ アイオン CBT その3。

CBT に入ってからは、やっぱり過負荷なのか、ログイン不調になったり、ラグの発生がありますね。でも、特に大きなトラブルは起きていないと思いマス…。

blog09061601.jpg

第1サーバ:シエルでは、天族、魔族とも作成制限中…。

blog09061602.jpg

第2サーバ:イズラフェルでは、天族のみ作成制限中。土曜日からこの状態です。うーん、一番重要な部分がコントロールされすぎですかねー。全ては RvR のために…でも、その部分をひた隠しにする運営。将来的に不安を感じる部分です。

blog09061603.jpg

魔族も良いと思うんですよ。ちょっと肌の色が青っぽかったり、ちょっと爪が尖ってたり、背中にたてがみが生えてるだけで。女性キャラなら、足の爪は目立たないヨ。

blog09061604.jpg

生産システムについて。

関連施設があるのは、首都のちょっと奥まった位置。魔族のほうがちょっと近いかも。ただ、首都に行くこと自体、気分的にメンドウなんですよねぇ。いちいちデカイし遠いし。生産するなら、数時間は篭もる心意気で臨むべし。

習得できる生産スキルの種類は、転生時に自動的に覚えるのを除くと、武器、防具、細工、錬金術、裁縫、料理…たぶんこれだけ。スペース的に全部覚えられるのか、選択式なのかは不明。各スキルのレベル…というかポイントの上げ方は、ひたすら生産を繰り返すこと。基本は名人 NPC からクエスト形式で生産を請け負って、完成したら渡す…という形。生産ポイントが増えると、受注可能リストが増えていきます。報酬として、必ず生産関連アイテムが貰えるので、活用して効率アップさせていくという感じ。受注→生産→納品、以下ソレの繰り返し。アイテムさえあれば、その場から一歩も動かずに可能です。いやー、単純作業ですねぇ。

需要がありそうなのは、ポーション系が作れる錬金術かな。初期レベルからいきなり使えます。武器、防具はいずれ必要になると思うけど、恐らく上位まで上げるのが必須という感じでしょうね。対人戦的に考えて。

blog09061605.jpg

指令書イベントの景品が届いていました。どう見ても全部 CBT での配布です。そりゃそうだよねー。

blog09061606.jpg

マーケットシステム(代理販売所)も使ってみました。出品したのは生産で使うアイテムです。アイテムが売れると、ログイン時、そしてプレイ中にもリアルタイムでアナウンスしてくれます。コレは便利。で、出品後、すぐに売れました。検索しても出品ゼロだったし、需要は高いみたい。製錬石は基本的にドロップのみかな?
posted by ゆーし at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | AION
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29831121
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック