2006年01月06日

古畑任三郎ファイナル 第3夜「ラスト・ダンス」

いよいよラストになりました。最後ということは、アトクサレのないスッパリした終わり方になるのでしょうか。お涙頂戴の感動巨編! 古畑撃たれる! ていうか、古畑死亡?(最初から公式で否定されてマス) むしろ、古畑犯人…!? う〜ん、我ながらあまりにも酷い妄想に頭が痛くなってきました。果たして古畑の運命は…。

まずは「鬼警部ブルガリ三四郎」なんて、いかにも三流刑事ドラマのオチシーンから。コレは古畑の自己パロディ作品のようです。ちゃんと今泉役の人もいますけど、むしろ主役が今泉っぽく見えますね(笑) で、ソレの脚本家…ってことは、ある意味今回の事件は「古畑 vs 三谷」という設定ですか。犯行手口は用意周到でアリバイ工作も抜かりがありません。さすが売れっ子脚本家と唸らせるトリック。双子の入れ替わりは、早い段階で視聴者にヒントを与えていますね。ラストはいつもの古畑テイストで締めるようです。

今回は古くからの古畑ファンには懐かしいネタが盛りだくさん。今泉が観覧車に閉じ込められた話だとか(キムタク篇)、今泉を走らせる実験だとか(桃井篇)、渡米した少女漫画家の話だとか(第1話の中森篇)。ブレーンとマネージャー(スポークスマン)という関係も陣内篇をホウフツさせます。あの話を覚えている人は、逆にトリックに引っかかりそう(笑)

結局、今回の3作では赤い洗面器の謎は明かされなかったというか、話すら一切出てきませんでした。

そんなこともあって、あの終わり方ならまだまだ続編は作れそう。映画とかで。インタビューでは田村サンの方で(体力的に?)ツライというようなことが書かれていましたけど、全然そんなことは感じさせないキレのある演技でした。松嶋サンが注文したクレープを古畑が盗み食いしてて、そこに今泉たちが呼びにきて突然走って逃げるってシーンがあったけど(完全にコントですネ)、妙に逃げ足が速いコト(笑) 62歳とは思えない身のこなしです。むしろ今泉巡査(45歳)の方がヤバイ。頭髪とか。

そんな感じで、コレで最後とか言わずに続けて欲しいですね。そう、毎回のように今回で最後!と言いつつ何作も創ってる宮崎アニメのように(笑)
posted by ゆーし at 22:37| Comment(0) | TrackBack(1) | テレビ・映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/253425
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

古畑任三郎、「任」を終える!
Excerpt: 古畑任三郎 3rd season 1 DVD 遂に昨晩の、「古畑任三郎FINAL」・「ラスト・ダンス」にて、 田村正和演じる古畑任三郎が「任」を終えましたね。 さすがにこれで終わると思うと、..
Weblog: 宝物のフレンドリーBlog
Tracked: 2006-01-06 23:20