2008年07月31日

【PSU】ファンタシースターポータブル発売!

Amazon 売れ筋ランキングでも1位とか、普通に売れてますねー。ウワサでは予約だけで30万本は行ってるみたいで、PS シリーズというか、セガとしても久々のヒットタイトルになるのは確実な情勢じゃないですかコレ。うちは明日辺りには入手できそうです。例によって Amazon なので(笑)

さてさて、気になるのは PSU 本編との連動要素。1週間前に配信されたヴィヴィアンの登場するミッション「イノセント・ガール」にて、2種類の連動アイテムが貰えるとのフレコミでした。アイテムも人気が出そうなユニット系。コレは期待するなと言われてもムリデスネ。ええ、うちが PSP 版を購入しようと思った動機にもコレが含まれています(笑)

で、迎えた発売日。まだ PSP 版は手元にないけれど、入手法は気になるトコロ。一体どうやって貰うのかーと待ち構えてましたら、驚愕、唖然、茫然自失な事態が発生。

結果から言うと、PSP 版がなくても入手できました。なんと、公式サイトからキャラデータをダウンロードする「だけ」で入手フラグが立つんです。この手の特典アイテムって、普通はシリアルコードとか入力して認証するじゃないですか。そういうの一切ナシ。恐らく無線 LAN が使えないユーザーに配慮して、PC 経由でダウンロードできるようにしたんだと思います。でも、PSP 版を持っていない場合は、ダウンロード自体意味のない行為ですからね。ソレだけでフラグ立てるとか、何も連動してないような。まー、モノは貰えるワケですから、不満はないんだけどね(笑)

そんなワケで、ミッション周ってアイテムを貰ってきました。PSP 版ナシで貰えるってのは、やっぱり不思議。

blog08073101.jpg
▲特典その1、ホワイティルウィング。持久+3、自動回復LV3。

blog08073102.jpg
▲特典その2、ヴィヴィアン・フリューゲ。持久+3、自動回復LV3(ギ・レスタと同等)

アイテムはキャラごとに、それぞれ1個ずつ貰えます。キャラ作り直しで何回も貰えるみたいね。なんという無限増殖。

実は「イノセント・ガール」自体、配信前は PSP 版ユーザー限定ミッションなのかと思ってたんですよねー。4Gamer.net とかの記事でもそう解釈していた節がありますし、同じように取ってた方は少なくないハズ。今回の特典アイテムの件も、確かに「キャラクターデータをダウンロードするとアイテムが!」となってますし、ソレで間違ってはないんだけれど、こんな配布方法は前例なさ過ぎ。誰も予想できませんヨ。アイテム目当てで購入を決めた方も多いと思うんですよ。うちもちょっとそうだし。ていうか、昔からソニチの告知文の書き方って紛らわしいんだよなぁ。イベントのときも、どういう仕様になっているのか、実際にフタを開けてみるまで分からないケースが多々ありました。

まーでも、セガはアイテムで釣るような売り方あんまりやらないし、それほど貪欲じゃないのかもね。コレが某大手ネトゲ会社だったらエライ事態ですヨ。むしろユーザーも慣れてきてるし。昨日ラグナロク DS の情報が出たときに「何かアイテム付かないの?」って声が普通にあって、ちょっとビックリしました(笑)

関係ないけど、「PSU PSP」でググるとうちが2番目に出てるなぁ。どーりでソレ関連のアクセスが多いのね。

posted by ゆーし at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | PSU

2008年07月27日

27時間テレビとか。

なんかほとんど全部見ちゃったヨ。久々にテレビのバラエティ番組を、心底オモシロイと思いました。

【個人的なベスト5】
5.ヘキサゴンのジミー大西サン、あと伸介サンとの絡み。
「はねトび」があまりにもヒドかったので(特に進行)、見るのヤメようと思ったんだけど、コレを見て継続確定。ココで出てきたジミーちゃんの醤油ギャグが、延々と使い回されることに(笑)

4.アシュラマン。
コスプレの中で一番ハマったのがコレ。あのコスプレサミット風コーナー、けっこうツボでした。

3.さんタクのタクちゃんマン×ブラックデビル。
わざわざ炎天下の野外にセットを作ってハードコントやらせるとか。体力消耗がピークに達していたさんまサンに、追い討ちをかけようとしていたとしか思えませんね(笑)

2.いいとものテレフォンショッキング。
いいとも自体、凄まじく久々に見たような。BIG2 のトークがすべるワケもなく。懐かしさから上位にランクイン。

1.たけしサンが車で暴走。
まさか、またコレをテレビの生放送で見られる日が来るとは。死ぬかと思いました。笑いすぎて。

blog08072701.jpg
▲伝説の車破壊コーナー再び。同じ犠牲者でも、リアクションが違いすぎる。

blog08072702.jpg
▲別に車の持ち主でもないのに、一番体を張っていた今田サン。ていうか、どう見ても交通事故。

レッドカーペットがいかに今田サンで持ってるかってのが良く分かりました(笑) あと、ダウンタウンの「ふたり」とさんまサンが同じ枠に入っているという超レアな映像とか。もうお腹いっぱいです。

ベテラン芸人の恐るべき実力、そして昨今の一発ネタ系若手芸人(エンタ系)のヒドさが浮き彫りになった感じでした。当面、今回を超える27時間テレビ、というか芸人主体のバラエティ番組は出てこないでしょうねぇ…。
posted by ゆーし at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・映画

2008年07月15日

【PSU】ポータブル体験版をやってみた。

『ファンタシースターポータブル スペシャル体験版』配布開始!(PSPO 公式)
うーん、「ファンタシースターポータブル」ってどういう略称が良いのかな? ソレはともかく、昨日から体験版が配布開始されました。うちもさっそく、ネット配布版をダウンロードして遊んでみたよ。

ネット配布版は、メモリースティックにまるごとインストールする形で、メモリースティックに 301MB の空き容量が必要です。体験版なのに OP ムービーもシッカリ入ってて、なかなか気合の入った作り。

まずは、キャラクター作成から。顔のモーフィングだけ部分だけ省略されていましたけど、他は現行版と同じようにメイキング可能です。うちはニューマン女性にして、戦闘タイプはフォースを選択。パートナーマシナリーは GH-410 にしました。テクターの場合は、前衛タイプパシリが良いですよ。

blog08071501.jpg
▲メイキング画面。顔はこれ以上アップにできない。

ていうか、PSP の画面撮影ってムズイね…。

そして、ストーリーモードの1章へ。会話シーンは静止画像がパタパタ動くノベルゲー仕様です。まさに紙芝居(笑) まー、ムダに動かない分サクサク読めますね。普通にスキップもできるし。重要なシーンだけムービーが挿入されるみたい。会話はフルボイスです。

もう一人前のガーディアンズという設定なのに、戦闘方法とかのチュートリアルがめっさ丁寧。コレも全部スッ飛ばせるから煩わしくはないけどね。移動シーンは全て 2D で構成。ショップ内とかもカーソルで NPC を選択する形です。

ミッションはまんま PSU と同じ操作感覚でプレイ可能でした。最初ボタンの位置で違和感があったぐらいかな? 慣れたらソレも気にならなくて、いつものようにサクサク敵を倒すことができました。ドロップアイテムはダガー、ムチ、マドゥーグ、シャドゥーグを確認。すぐ使える武器ばかり出るとか、本当にイージーモードな仕様だなぁ。属性もいきなり46%とか、どんなチートかと…(笑) あと、ウェポンズ・バッヂというのが中頻度で出ますね。交換用アイテムなのかな?

そんな感じで、体験版のストーリーモードは1章で終わり。1時間程度遊べるボリュームでした。クリア後はマルチモードで遊べます。

強化は本当にヌルくなっています。グラインダーは「強化グラインダー」1種とか、数値分けもなくなってるし。ドゴーン自体なくなっちゃったから、ソレで当然なのかもね。試しに拾った高属性なダガーを強化してみたけど、結果の良し悪しがサッパリ分かりませんヨ。基本値より良い場合は、色が変わるとか音がするとか何か効果が欲しいトコロ。

blog08071502.jpg
▲強化画面。あの戦慄のプログレッシブバーも一瞬で伸びきる。

とりあえず今日やったのはココまで。また気づいたコトがあったら、書いてみますね。

実は今回、コレをプレイするために、温存していたファームウェア 1.50 から最新版(7月14日更新)にアップデートしたんですよねー。このゲームのために思い切りました。元々放置状態でしたから別にイイんだけどね。購入フラグ立ったかも。

▼関連リンク
セガ、PSP「ファンタシースターポータブル」。スペシャル体験版の配布・配信を開始。弊誌でも配信(GAME Watch)
『ファンタシースターポータブル』スペシャル体験版をファミ通.comで配信中!(ファミ通.com)
【ファンタシースターポータブル】体験版 GameSpotでも配信開始!(GameSpot Japan)
「プレイステーション・ポータブル」システムソフトウェアアップデート

【メモ】
EBOOT.PBP
size=2615563byte
CRC16=37AE
CRC32=EF73E34C
MD5=21d0ef7cbd8cb28aa9728973ac5ef315

file.fpb
size=312313856byte
CRC16=597A
CRC32=53E142C5
MD5=565891b1d180aaaa1f8400a216fc4617

公式、GAME Watch、ファミ通.com、GameSpot Japan で配布されている体験版は、完全に同一バイナリ。
posted by ゆーし at 02:20| Comment(2) | TrackBack(0) | PSU

2008年07月13日

プレゼント企画の抽選とか。

先日ラグナサイトのほうで、プレゼント企画を実施しました。過去にも何度かプレゼント企画は実施しましたけど、イラスト方面限定というのは初めて。今回は pixiv でやっていた七夕企画にインスパイアされた感じですねー(笑)

今回のプレゼント抽選方法についてちょっと書いてみます。過去のプレゼント企画では、応募順に付けてあるシリアルナンバーをそのまま使って、PC 用の抽選プログラム(範囲ランダム)で一発抽選していました。抽選作業自体はすぐ終わって楽だけど、どうも「厳正な抽選」な感じがしなくてねー。てなワケで、ちょっと別の方法を模索してみることに。

今回は全て PSU に実装されている乱数システムを使用しました。他のネトゲでやるなよーとか言われそうだけど、RO のシステムでは良い抽選方法を思い付きませんでした。PSU の場合は逆に、ムダ(?)に抽選システムが満載です。

まず使ったのは /random コマンド。コレは 1〜999 までの乱数を表示します。いつものように応募順にシリアルナンバーを付けて管理していましたけど、より抽選らしくするために乱数を使ってシャッフルします。具体的には、最初に7回カラ回し。そのあと応募数の3倍数を回して、3分割。ソレを3本の乱数テーブルとします。同一テーブル内に同じ数値が出たらやり直しするつもりでしたけど、うまくバラけてくれました。そして、乱数テーブルに従って3回昇順ソートを行います。コレでシャッフルは完了。

blog08071301.jpg
▲PSU の /random コマンド使用時。

今回は使いませんでしたけど、PSU には他にも、サイコロの目とトランプカードを表示するコマンドがあります。

さて、次は実際の抽選方法です。PSU には「フォトガチャン」という、ランダムでアイテムを排出可能なルームグッズがあります。いわゆるガチャガチャです。今回はコレを抽選箱にしました。

まずは、アタリ商品に対応するアイテムを決めてガチャに入れます。具体的にはこんな感じ。アイテム名は連想しそうなモノに…(笑)

・ひよこちゃん → ラッピー・ヌイミ
・赤いメガネ → ベリベリーパイ
・ペコペコのヘアバンド → ジャッゴ
・風車のかんざし → ハナビ
・魔法のやかん → 呪いのパンプキン

そして、ハズレアイテムを入れて、応募者数と同じになるように調整します。ハズレアイテム、最初はスタック可能品のモノメイトにしてたんだけど、試しに回してみたらどうも偏るような気がして、個別品のアイテムに変更しました。なんか判定がアイテムの総数じゃなくて、アイテム種別で行われてるような疑念があってね。この例だと、初回は 5/6 でアタリが出るような感じになるし。まー、実際ガチャを回すと早々アタリは出ないし、総数分均等に判定してると思うんだけどね。念のためというコトで。

blog08071302.jpg
▲アタリアイテムはコレ。ハズレアイテムには食べ物系アイテムを使用。

そして、ガチャを回してその結果をメモ。コレが当選テーブルになります。最後に、シャッフルした応募者リストと組み合わせて、当選者を決定しました。

なお、応募時の添付メッセージは、事前にリストから外しています。目に入るとどうしても意識してしまいますからね。うちも懸賞に応募する時はマメにコメント書いたりするけど、経験上ほぼ無視されているような気がしますヨ。まー、滅多に当たらないし、真実は分からないんですけどね。

というワケで、今回の抽選に使った PSU 乱数システムの解説でした。RO でも良さげな抽選方法があれば、次回はソレでやってみようと思います。
posted by ゆーし at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | PSU

2008年07月08日

【絵】七夕とか。



タグを貼れるかどうかテスト。

7月になってしまいましたが、現時点でのイラストの目標「年内20枚」の達成数は 2/20 というヒドイ状況というか、4〜6月は全く描いてません。今日描いた上の絵も、いちおうカウントしておこうかな…。ちなみに、pixiv の企画向けに描きました。ちと、ココのブログのファイルアップ領域が狭くなってきたので、アチラをイラスト置き場にしましょうかねー。
posted by ゆーし at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | イラスト

2008年07月05日

ダビング10とか。

ようやく昨日からスタートしたダビング10の話しとか。ダビング10というのはヒトコトで言うと、地上デジタル放送のコピーワンスが緩和されて、ダビングが10回まで可能になるという、新しい録画規格のコトです。

うちの地デジレコーダーも、昨日の夕方以降にオートアップデートされて対応完了。ちなみに、機種は2年前ぐらい前に発売されたソニーのスゴ録(RDZ-D800)です。スゴ録シリーズは、最後の3機種だけがサポートの対象でした。

とりあえず、適当な地デジ番組を手動で録画してみたトコロ、コピーワンスを示すムーブアイコンが付かなくなっているのを確認。てっきり残り回数を示すアイコンに差し替えられるのかと思っていたんだけど、何もナシってのは意外というか、分かりづらいかも。ダビング10のコトを知らなかったら、コピーフリーになったのかと勘違いしちゃいそうです。で、「番組詳細」をスクロールさせていくと、一番下に「コピー制限」という項目が新設されていました。ココに「10回ダビング可」と、ソレを示す内容が書かれています。

ダビング10開始以前に録画しておいた番組は、全てコピーワンスになっていました。レコーダーがダビング10に対応していても、放映データが対応していないとダメなんですね。なぜか、予約していた日テレの「猫の恩返し」(4日夜放送)はコピーワンスで録画されてましたけど。確かダビング10で放映されたハズ。うーん、なんでだろう。予約時の情報が反映されたのかな?

ダビング10のメリットについて考えてみます。うちの場合、以前は PC の地アナボードで観てたんだけど、地デジレコーダー導入以後は、もっぱらソッチで録画して DVD-RW に移して PC で観るというパターンになっています。画質的な意味でねー。そして、気に入った番組は DVD-R に焼いて永久保存。そんな感じで、日常的にダビングしまくってるので、それなりに利便性の向上は見込めそうかなーと期待はしています。でも、ダビングを10回もするコトがあるの?というと、まずありません。重要なのは「1回じゃなくなった」という点です。

地デジ番組のダビングでコワいのが「失敗したら消える」コト。RDZ-D800 では、フォーマットした DVD メディアの空き領域が 4.5GB と表示されます。そして2時間ピッタリの映画をダビングしようとすると、SP モード(標準)で 4.5GB に圧縮されるような表示になります。で、コレを信じてそのままダビングしちゃうと、容量不足で失敗することがあるんですよね。失敗しても元のデータは残ってるんだけど、コレはダビング先が DVD-RW の場合。DVD-R だとコピーされた部分は消せませんから、恐らく元データが全部消えてしまうハズ。いやまー、コワいから試してないんだけれど。あとは、普通に停電とか手動で作業を中断したりしても、失敗になりますよね。

そんな感じで、今までは慎重にやらざるを得なかったダビング作業を、ミスを恐れず余裕を持ってできるってのが一番大きいメリットです。また、ひとつの元データから複数の形式でダビングできるというのも、以前はできなかったコトです。例えば、映画の2ヶ国語放送。音声がデュアルステレオ化されている場合は、仕様上どちらか一方の言語でしかダビングできません。ダビング10なら1回目は日本語吹き替えで、2回目は英語にして字幕も入れる、なんてコトができるようになります。あと、コレでダビングを日常的にやるユーザーが増えて、メディアの消費が増えれば、ブルーレイも安くなるんじゃないかなーと。まだまだ手が出ませんよねー。

最後に、テレビ映画録画マニアからヒトコト。地デジって確かに画質はイイけど、音声に関してはけっこうヒドイよね。ていうか、日テレ、あんたのことだヨ! ハイビジョン放送とか言いながら、毎回モノラル2ヶ国語とかやる気なさすぎ! フジやテレ朝は、わりとデュアルステレオ化したのを流すのになぁ。先週のターミネーター2はガッカリしたけどねー。そういう手抜き放送やってる時点で、充分著作権保護になってる気がする今日この頃です。
posted by ゆーし at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・映画