2006年04月27日

PSU、クローズドβトライアル参加。

3次にしてなんとか当選デス。ファンタジーアースにしろ、グラナド・エスパダにしろ、我ながらなかなか運がイイね。まぁ、伊達にネトゲの追っかけはやってませんから…(笑)

blog06042701.jpg

早速 PSO のメインキャラクターを転生(?)させました。ウワサに聞いてはいたけれど、顔のパーツのパターンがスゴイですね。PSO では体型のみだったアナログスライダーで、目の大きさとか目尻の位置とかを変化させられます。眉とか目のパーツなんて、ほとんど区別できないほどの違いしかないし、そこまでこだわる必要があるのカ〜って感じ。あと、髪型にアフロとモヒカンが普通にありました(笑) ロボのパターンについては未調査だけど、キャスト娘は、ほとんどヒューマンに近い感じのパターンがあるみたい。顔に比べると衣装のパターンは少なめ。ロビーでは似たような服を着た方が多かったです。まぁ、コレは今後ドレッシングルームで着替えられる衣装が増えるみたいなので、心配しなくてもイイでしょう。

ここまでアバターに個性を出せると、キャラクター名を伏せる意味がなさそうな気もシマス。むしろ、目線を入れないといけませんね…(笑)

とりあえず、クライアントがめっちゃ重い件について。PSOBB はそれほど重くなかったんだけど、同じような設定でもかなり重いデス。常時水の中を歩いているような感じ。でも待望の 60fps 化が施されていますヨ。ていうか、一番軽い設定にしてもグラフィックの質がそんなに落ちないんですよ。元々そんなに際立って良くないというか、影もシッカリ描画されてるワケではないんだけど。何でだろうね…。

とりあえず初日はチュートリアルミッションを終わらせて、あとは普通にミッション空き部屋に乱入。2つ目のミッションでドラゴンと戦闘中に強制ログアウトとなりました。実はいきなり乱入ってのは、以前はちょっと一呼吸入れてからって部分もあったんだけど、ギルドウォーズの RA ばっかりやってるせいか、気が付いたら普通に乱入してました(笑)

PSU の記事を書くにあたって。参加規約上は守秘義務ってのがあるんだけど、とりあえずは気にしない方向で。過去のネトゲのベータレポートも厳密に言えばそうだし、ラグナロクのサイトも含めて、基本的にそういう方針でやっています。ネトゲ研究日誌サンのほうで PSU の記事が取り下げられたのは、何らかのクレームがあったからだと思いますけど、裏ブログ見た限りではメーカーからではなかった様子。アチラでも書かれていますけど、商用サイトの某大規模匿名掲示板で大々的にネタバレしているのに、非商用サイトの個人ブログがダメというのは疑問を感じる部分です。ときメモをスルーしたのはゲーム内容自体にあまり興味がなかったし、あの規約はちょっと特殊だったってのが理由。もちろん、セガから直接クレームが来た場合は、速やかに対応シマス。

まぁ、参加期間中は時間がもったいないので、どっちにしろあまり詳しいコトを書くつもりはありません。
posted by ゆーし at 01:48| Comment(9) | TrackBack(0) | オンラインゲーム

2006年04月20日

PSU、クローズドβトライアル開始。

PSUクローズドβトライアル開始(公式)
本日より5月10日(水)まで開催されます。ワタシは2次以降の当選メール待ちデス。ミッションも4つ配信されてるみたいで、トライアルとはいえ、それなりに遊べる要素はあるみたいですね。ていうか、このペースでいくと意外と早い時期に発売されるのかな?

セガ、「ファンタシースターユニバース」Xbox 360版の発売を決定(インプレス)
発売日未定になってるので、先行2機種とはやや遅れて発売という形かな。プラットフォームが増えることはイイコトです。

【「ドリームキャスト版 ファンタシースターオンライン」ゲームサーバ課金無料化のお知らせ】'06.4.20(PSU DC 版公式)
5月20日から完全無料化。ネトゲとしてはモノスゴク息の長いタイトルですね。
posted by ゆーし at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | オンラインゲーム

2006年04月19日

グラナド・エスパダ、好調っぽいのカ〜!?

「グラナド・エスパダ」,オープンβテスト登録会員数が10万人を突破(4Gamer.net)
GE というより HUE の会員数でカウントされてるっぽい気もするけど、実質 GE ユーザーが大半でしょうからソレに近いのは確かでしょう。10サーバも用意した運営側としては、まだまだ少ないのかもしれませんけど。ちなみにサーバ名は、上から順に誕生石の名前になっているんだけど、ワタシの月のサーバはありませんでした。まぁ、10個しかないからね…。

ていうか、GE さっぱりログインしていません。むしろギルドウォーズ三昧という感じの今日この頃。RPG モードでラスボス倒した後に出てくるクエストやったり、ファーミングやったり、RA でお気楽 PvP やったりという感じ。遊べる要素多すぎデス。あと、クライアントの性能がイイから、ウッカリ起動しちゃうってのもアリマス。1分以内にはすぐプレイ開始できるから、ある意味危険(笑) ただ、早くも過疎傾向というか。RA やろうと思ったら、だいたい3回ぐらいは30秒カウントされちゃいますし、対戦相手も海外組みとばっかり当たります。どうも国内でマッチングできなかった場合は、海外組みにも当たるようになってるっぽい。

訂正:Campaign2 戦乱の章 キャラクターのスロット数について 2006.04.17(GW 公式)
要するにスロット数の拡張は、パッケージ版の特典扱いという感じになるようです。現状だと特に不便さは感じてないんだけど、スロットが埋まるとお遊びキャラで RA やり辛くなるカナ? そもそも、解除のたびにキャラクター消して作り直さないといけないってのがアレなんだけれども。

ついでにギルドウォーズで感じている不満な部分とか。RPG キャラで色々遊ぼうと思ったら、状況に応じて頻繁にビルドを変更する必要があるんだけれど、これが本気でメンドクサイ。序盤はそうでもないんだけれど、後半になって解除スキルが増えてくるに従って、不便さを強く感じるようになりました。あんなにスキルがいっぱいあるのに、ビルドのストックができないってのはどうなのヨ? 毎回選び直してってコト? カーソル位置の記憶がされていないとか、UI 部分の使い勝手も悪いかな。あと、サブジョブ変更クエスト終わらせたら、メニューからすぐに変更可能にして欲しいですね。ていうか、上記のビルド関連の利便性の低さがあるために、サブジョブ変更のメリットもあまり生かせていません。

基本的にギルドウォーズは、完成度が高くて遊びの幅が広いタイトルです。でも、敷居が高いというかユーザーを突き放している部分がけっこう目に付きます。ゲーマー向きの仕様といえばそうなんだろうけど、もう少しユーザー寄りに改善されないと、韓国版の二の舞の予感。このままでは多くのユーザーを掴むのは難しいような気がします。本当にオモシロイのに、もったいないネ〜。

ガンホー,6月から「A3」を基本料金無料のアイテム課金制に変更(4Gamer.net)
月額課金制で厳しくなってきたから、アイテム課金という流れのタイトルがまたひとつ(決め付け)。

PSUクローズドβトライアル開始(見吉隆夫の裏ブログ)
ウチにもセガリンクからメール来ましたヨ。【メルマガ特集「リンクガチャ、新しくなっちゃいました!」】って普通のメルマガが…(笑) ていうか、何で分けて発表するのか。
posted by ゆーし at 01:20| Comment(4) | TrackBack(0) | オンラインゲーム

2006年04月15日

グラナド・エスパダ、3次テストレポート 何をいまさら篇。

今回はクローズドの時のレポートです。前日に上げようと思ってたんだけど、ちょっと遅れてしまいました。オープンも始まったのに、意味分かんないコト書いててスイマセン。いやぁ、オープンはまだちょっとしかログインしてないからね。ていうか、たぶんほとんど変わってないと思う(笑) テスト期間中の記事でもある程度書いてしまったので、以下は序盤〜中盤の簡単なレポートという感じです。

3次テストは5,000人+αの規模で3月10日から26日にかけて実施されました。当初はたった5日間の予定だったけど、大幅に期間延長。

バラックモードの画面は2次と特に変わっていませんでした。ある意味完成されているのね。でも最初に操作できるキャラクターがファイター、マスケット、ウィザードの3種類しかなかったり、操作可能キャラも1人だけってのは大きな違いです。選べるチャンネルは4つで、チーム選択時に選べます。2次ではダンジョンだけ2つチャネルがあったような。

blog06041501.jpg

初日のオープン開始時間帯は、こんな感じで GM サンがエスコートしてくれました。街に3人ぐらい立っていたかな。

blog06041502.jpg

ワールドマップは」こんな感じ。実装されている移動先がすべて記載されています。こうして見るとそんなに広い世界ではないんだけど、開拓ってのがテーマですから、これからドンドン世界が広がっていくのでしょう。

blog06041504.jpg

街の中には2次とはうって変わって多数の NPC が配置されていました。武器屋のオヤジとか料理人とか、要所の NPC はキャラが立ってて個性的。これらの NPC は条件を満たせば仲間に加えて操作できるようになります。あと、移動支援兵という NPC がいて 10vis 支払うことで武器屋の前や重要な NPC のいる街中のポイントに移動してくれます。また、ウェイポイント(セーブポイント)が設けれていて、一度記録すればお金さえ払えばお好みの移動することができます。ポイントは街だけではなく、フィールドの要所やダンジョンの最深部にも設置されています。移動に関してはかなり利便性の高いシステム。

blog06041506.jpg

とりあえず街の外に出て狩り。2次ではいきなりダンジョンに行けましたけど、最初に行ける場所はこのフィールドに限定されています。相変わらずスゴイ沸きでクモばっかり。序盤のレベルはサクサク上がります。

blog06041503.jpg

フィールドにはこのようなクマもいます。最初はボスか何かと思っていたんだけど、コレは「スカベンジャー」という特殊な仕様のモンスターでした。ランダム POP するノンアクティヴモンスターなんだけど、ウッカリ攻撃してしまうと強烈な反撃を食らいます。自動狩り防止システムのためなんだろうけど、通常の狩りしてる時に POP されると、かなりジャマ。

blog06041505.jpg

3次では MCC レベルが設定されて、クエストを進めることで最終的に3人まで操作可能なレベル3になります。完了までのクエストはゲームの紹介といった内容になっていて、プロセスもかなり親切に提示してくれます。かかる時間も2時間程度。まぁ、チュートリアル的な位置付けかな? クエストのデータは家門で管理されているので、他のゲームのようにキャラクターを作り直すたびに何度も同じクエストをやる必要はありません。逆に言えば、その家門では完了後は2度とできませんけど。

blog06041507.jpg

MCC3 になってからが本格的な開拓の始まりです。ゲームの目的は完全に一方通行なクエストとして常時提示されるので、ソレに沿って進めれば特に迷うことはありません。次のステップに進むためにはダンジョンに入ってボス討伐ってパターンが多いんだけど、コレは最深部にいるミッション可能 NPC の所までたどり着けば完了という状態でした。まぁ、テスト開始時はミッションは機能していませんでしたからね。

blog06041508.jpg

スカウトを入れるとヒール魔法が使えるので戦闘がかなり楽になります。2次ではヒール使用時に触媒アイテムが必要だったんだけど、廃止されて SP さえあればいつでも使用可能になりました。スカウトを使わない場合はミルクなどの回復アイテム連打で。基本戦闘スタイルとしては、わりとオーソドックスな MMO の仕様になっちゃいましたね。ダンジョン内のモンスターは数も多いし、ほぼ即 POP するので、完全定点狩りが可能。

blog06041509.jpg

最初のダンジョンをクリアすると、2番目の街コインブラへ行けるようになります。夕暮れの港町という感じでちょっと薄暗いのが気になるけど、なかなか美しい景観です。武器防具店に上位レベル用のモノが並んでいます。何度も立ち寄る場所になりますので、ずっとココを保存先にしていました。新規ゲームで始めればタダで移動できますからね。ココにも仲間にできる NPC がたくさん配置されています。NPC を仲間にするためには一定の家門ポイントが必要で、コレはクエストを進めることで少しずつ貰えます。

blog06041510.jpg

街を出て新たなフィールドへ。どんどんモンスターも強くなるので、先に進むためにはやっぱりレベル上げが必要になってきます。レベル上げに関してはキャラのレベルより5個ほど高いモンスターを相手にしていれば効率がイイかな。エリートと名の付くモンスターはかなり手強いので、自信がないうちは避けたほうが無難です。自分のレベルが低いと、攻撃がほとんど当たらないんですよね。まぁ、全滅したとしても特にデスペナはないので、強気で進むのもアリ。

blog06041511.jpg

ダンジョン攻略なんだけど、この辺りからマラソンというか、モンスターは全部スルーという方法で進めてしまう形になってきました。要するに最深部に行けばイイだけですから。あと、所々に宝箱があったりアイテムが落ちている場所もあります。怪しい場所は調べてみましょう。

blog06041515.jpg

ダンジョンのスカベンジャーは死神のような姿をしています。自分で操作しててもオートにしてると勝手に攻撃するので、本当にジャマな存在です。見かけたら即座に他のチャンネルに逃げるという感じになっちゃいますね。このシステム、なんとかなりませんか〜?

blog06041512.jpg

クラスの組み合わせ方は色々あるんだけど、ワタシはファイター、ウィザード、スカウトのチームでプレイしました。ダメージソースはほぼファイターのみ。ウィザードの魔法は威力が低いんですよね。ていうか、死亡頻度も高いし完全なお荷物状態です。でも、ワープポータルという魔法が魅力的で手放せません。フィールドでもダンジョンでもどこでも記録できるし、記録数も最大10個もあってかなり便利なんですヨ。ウェイポイントの移動の代わりに使えるので、お金が大幅に節約できます。加えて回復アイテム要らずのスカウトも入れてるので、要するにケチケチ仕様のチームです。

blog06041516.jpg

2つほどダンジョンをクリアして、クマが群れている山岳地帯のフィールドへ。ココを進むと最終ダンジョンのジャケン収容所です。レベルに関しては40越えた辺りからちょっと上がり難くなりますね。最初は10ぐらい差が付いていた各キャラクターのレベル差も、この辺りでほとんど横並びになってしまいました。

blog06041518.jpg

この後はジャケン収容所をクリアして3つ目の街オーシュ到達という流れ。コレで3次で行けた場所はほぼ網羅してしまったという感じでした。ちなみに、全てのクエストをクリアすれば、ダンジョンのレベルが初級、中級、上級と選べるようになります。モンスターの強さが変わるだけでマップは同じ。要するに使い回しです。

blog06041520.jpg

ミッションが開放されて、3万っていう家門ポイントがほぼ全部持って行かれるリサって NPC が使えるようになったんだけど、専用スタンス使用可能レベルがかなり高くてね。編入時のレベルが24で、スタンス習得可能レベルが48ぐらいだったかな? ちょっと頑張ってレベル上げようかと思ったんだけど、最初に作ったファイターのレベルがまだ40中盤です。ええ、どう考えてもムリデス。他の NPC を色々試せば良かったカナ〜?

てなワケで、3次の内容はこんな感じ。後半期のイベントとかミッションについては、当時の記事で書いてしまったので省略します。以下、総括というか簡単なまとめ。

【ゲームデザイン】

blog06041514.jpg

なんといっても MCC による3人同時操作がウリ。2次にあった AI 設定などは廃止されましたけど、簡略化されたオカゲで操作性は向上。さらなるブラッシュアップが施された印象です。スタンスは武器を変更すれば基本的なモノは使用できますが、ほとんどはお金で購入するという形です。NPC を仲間にすることでしか使えない専用スタンスなんかもあります。スタンススキルの派生は一方通行でした。ショートカットキーの位置も決まってて変更できないし。スタンスレベルさえ上げれば全て習得できるようです。選べるクラスは5つしかありませんけど、組み合わせ方は自由だし、NPC も入れれば組み合わせはほぼ無限大? というか、やっぱり戦闘がメインの狩りゲームといった印象になっちゃいますね。実際、狩りに費やしていた時間が一番長かったです。2次のときに感じた「やっぱり狩りゲーム?」っていう印象は払拭できませんでした。

【クエストとミッション】

blog06041513.jpg

基本機能を習得するためや、新たなエリアに進むために遂行が必須のモノがあります。内容はほとんど一方通行なので、開拓というよりはみんな同じレールの上を進むことになりますね。クエストの数は少なめなんだけど、今後大幅に増やされるようなので心配なさそう? ミッションは最後になってようやく開放されました。時間内にモンスターを倒すなどといった比較的単純な内容のモノなので、プレイヤーへの訴求力には欠けるかもしれません。通常の狩りの延長というレベルですからね。PvP は最後まで触れる機会がありませんでしたので、言及できません。

【グラフィックと音楽】

blog06041519.jpg

テクスチャーも美しいし、モデリングも細かいですね。キャラクターの指の爪まで描き込まれています。指にもちゃんとモーション付いていますし。コレがリアルタイムで描画されているってのは普通にスゴイ。しかも、リンドンの部屋などポリゴン数が少ない場所では 60fps で動きますヨ。まぁ、イベントなんかでプレイヤーが密集すると急激に重くなりましたけど。快適にプレイするためには、それなりのマシンパワーが必要かも。音楽のレベルは高いんだけど、強いて欠点を言えば統一感がないってコトかな。トランス系がやたら多いですし。世界観は中世の貴族社会って感じだけど、あんまりソレに囚われない音作りをされている模様です。

【コミュニティ】

参加中の記事でも何度か書きましたけど、ゲーム内で聞かれる会話が少なめでした。ソロで遊べる仕様ですし、街でも3キャラクター単位で表示されますからね。なんとなく話しかけづらいっていう部分があるのかも。ていうか、パーティが未実装っていうネトゲも珍しいですよね。運営側でゲーム外でのコミュニティを盛り上げる工夫をある程度されてますので、オープン以後どう変わっていくのかが注目されます。

【運営】

blog06041517.jpg

テスト期間中の特例だったのかもしれませんけど、GM が頻繁に姿を現わしてユーザーの質問に答えたり、モンスター襲撃イベントなどを行っていました。GM サンも気さくというかフレンドリーな対応をしていて、ユーザーの好感度も高かった模様です。ただ GM コールなどは実装されていませんので、個別に対応してくれるワケではなさそう。特に大きな不具合もありませんでしたし、公式サイトも頻繁に更新されてます。運営のノウハウが少ない新規パブリッシャーとは思えないほど、ネトゲ運用には手馴れているな〜といった印象でした。

そんな感じでイマサラな内容を長々と書いてしまいました。なんというか、全体的に斬新!ってほどでもないんですけど、見所は多いタイトルと言えます。今のネトゲに飽きたとか面白いネトゲを探している方なんかは、ぜひ一度参加してみましょう。
posted by ゆーし at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Granado Espada

2006年04月14日

グラナド・エスパダ、オープンベータ開始。

GEニュース vol.36 本日オープンベータテスト開始!(GE 公式)
1時間延期されましたが、何とか無事スタート。いきなり10サーバ開放って強気すぎじゃない?と思ってたんだけど、あちこち見て回った印象では、このタイトルの注目度はかなり高め。普通に参加者、多そうです。運営チームの地道なプロモーション活動が実ってるという形かな? 毎日欠かさずお知らせ告知も出ていますし、運営については特にケチのつけドコロがありません。そういえば、ウチがポーズバグの記事上げてから、すぐに新着不具合の項目に入ってました。(該当記事) 個人ブログもチェックしてるっぽいですネ。あのポーズって足がスカートを貫通してるんですよね(笑) 他のポーズはずっと静止してるんだけど、アレだけ妙な動きも付いていました。

今回も参加はするけれど、スタートダッシュはしない方針。家門先取りイベント参加しなかったし。ていうか、その時間疲れて寝てたし(笑) まぁ、3次で世界のほぼ全部を見て回りましたし、独自のゲーム性も十分堪能しましたからね。追加要素の声優ボイスがちょっと気になる程度カナ?

「グラナド・エスパダ」総合情報サイト“GE.Gameinside.info”が正式公開(4Gamer.net)
FF XI にもある企業運営(4Gamer.net と同じトコロ)のプレミアサイトですね。ていうか、なんだか突貫で作りましたって感じカナ? 実はワタシも突貫で作ろうと思ってたのはココだけの秘密。サイト名考えたりしてたし。でも、ラグナの方もあるので取り敢えず保留。でもでも、ラグナロクユーザー民族大移動みたいな動きがあれば、即撤回予定デス。
posted by ゆーし at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Granado Espada

2006年04月12日

グラナド・エスパダ、イベント攻勢。

[韓国ゲーム事情#521]「Granado Espada」クエストや個人商店が実装に(4Gamer.net)
韓国のテストサーバで実装されていた内容が本サーバにアップデートされた模様です。比較的充実したアップデートになっているみたいですね。ラグナロクのように、街に露店がズラっと並ぶような感じになるのカナ?


「グラナド・エスパダ」オープンβテスト記念2大イベント開催(4Gamer.net)
MCC レベル3までのプロセスは、公式でもやたらと詳しく書かれていますね。逆に説明がないと、ちょっと分かり難かったりしますけど。あと、家門名先取りイベントって、優秀テスターに優先権があるんですね。ウチは確実に選ばれません。1回も情報提供してませんから(笑) 見つけた不具合はいっぱいあるけどね。女ウィザードの変なポーズとか。

blog06041201.jpg

家門名ってのは全10ワールドで重複不可なんですね。う〜ん、コレは厳しい。家門名はいわゆる苗字に該当する部分だから、普通のキャラクター名と違って選択の幅が少ないんですヨ。ゲームのキャラクター名って、基本的に下の名前で付ける方が多いですからね。グラナドの場合、ゲーム内で個々のキャラクターは、[キャラクター名 家門名] とフルネームで表示されるので、変な家門名にすると取り返しがつかない状態になります。例えば [イチロー ヒロシ] みたいな。ちょっと独特な仕様になっているので、初めての方は注意しておきましょう。
posted by ゆーし at 01:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Granado Espada

2006年04月10日

ギルドウォーズ、RPG モードも楽しもう。

blog06041001.jpg

ギルドウォーズの RPG モード。C2 来るまでにちょっと進めとこうかな?という感じで、3月末頃から本格的に手を着けていたんだけど、このほど晴れてオールミッションコンプリートとあいなりました。ネトゲなのにソロ仕様の RPG なんて…という先入観はどこへやら、普通に RPG としてオモシロイネ。ていうか、RPG のラスボス倒したのも久々。PSO 以来かな…?

崩壊後のアスカロンを抜けると、崩壊前の世界のような美しい世界が広がっていました。話せば長くなりますので、詳しくは語りません。以下ダイジェストでお楽しみください。

blog06041002.jpg blog06041003.jpg

アスカロンの西にある雪の降る山脈を越えて。

blog06041004.jpg

美しい海岸でのひと時を楽しんだり。

blog06041005.jpg blog06041006.jpg

湿地帯からジャングルは、かなり長い旅でした。

blog06041007.jpg blog06041008.jpg

兄貴軍団に追われて船で脱出。行き着いた先は、古代文明が滅んだあとの砂漠地帯です。

blog06041009.jpg blog06041010.jpg

多くの試練をくぐりぬけて、再び雪原へ。

blog06041011.jpg blog06041012.jpg

最後は、悪の権化が待ち構えている灼熱の火山諸島。

ちなみに、画像を撮るためだけに画質設定は常時最高にしています。ちょっとフレーム落ちするんだけど、背に腹は代えられません(笑)

blog06041013.jpg

本作のストーリー部門を担っているミッションモード。ジャングル(マップの左上の方)あたりまでは、ブッツケ本番でもクリアできたんだけど、砂漠に入ってからの難易度が高すぎです。傭兵パーティだと、自分のキャラが死亡するとほぼアウトですね。NPC 傭兵は引くということを知りませんから。中盤辺りで最高レベルの20に到達できて、それ以上はキャラクター性能は強化されません。でも敵はドンドン強化されていきます。要するにプレイヤースキルが試されるワケ。

blog06041014.jpg

結局、最終ステージの火山諸島までは、オープンベータでプレイした最初のミッション以外、全て傭兵プレイでした。ていうか、拠点にほとんど人がいないのヨ。この際だからラスボスも傭兵だけで倒しちゃおうか?とも考えたんだけれど、流石にこの辺りの難易度は厳しくて断念。パーティ募集も普通にあるので、混ぜて貰って挑戦しました。

プレイヤーのみのパーティが難易度的にはちょうどイイのかな。何度か全滅しそうにはなるけれど、なんとかイケルっていう絶妙のバランス。傭兵パーティだと、運に左右される部分が大きすぎます。まぁ、チャレンジモードっぽくて、クリアできたときの達成感は大きいですけどね。

そんな感じで、本作の RPG モード。コレは普通に良作の本格派 RPG でした。PvP にばかり注目が集まっていますけど、国産の大作 RPG にも引けを取らない楽しさが詰まっています。むしろ今後のスタンドアロン型 RPG も、このような形でネットワーク対応していくんじゃないかな?という未来を予感させますね。C2 も普通に楽しみになってきました。
posted by ゆーし at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Guild Wars

2006年04月09日

ギルドウォーズ、続・ちょっとだけアップデート。

ギルド ウォーズ アップデート情報 4/6(GW 公式)
ログイン画面で操作すると効果音が鳴るようになってますね。あと、1時間おきにログに接続時間が表示されるようになってて、2時間越えると毎回「休憩してください」と言われます。このタイマーはログアウトすればリセット。最近、韓国のネトゲで接続時間制限システムが導入されているみたいなんですよね。3時間越えると経験値効率が悪くなったりとか。ギルドウォーズでは特にそういう制限はないんだけど、そういう流れがあることを印象付けられます。

あと、前回の C2 連動クエストの続きが追加されました。

blog06040801.jpg blog06040802.jpg

ラクソンとカーツの集落に行ってみると、クエストフラグが立っていました。なんだか雲行きが怪しい状況ですね。確認しましたけど、どちらか一方を受けると片方のクエストフラグは消滅します。

blog06040803.jpg

とりあえず、ラクソン側に付きました。カーツの報酬がカンストしてるってのもあるけど、カーツの印象自体良くないっていうかね。いや、エリア構成の印象だけど。ていうか、まさか本気で攻めるのか〜!?

blog06040804.jpg

なんだか取り返しのつかない展開になってマス。カーツ、ラクソン共、リチュアリストスキルを使ってました。

blog06040805.jpg blog06040806.jpg

報酬は多いんだけど、コレは後味が悪いネ。この一連のクエスト、C2 導入というかプロモーション的な狙いがあるのかな。プレイヤーの選択によってシナリオが変化していくサンプルといった感じでしょう。
posted by ゆーし at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Guild Wars

2006年04月05日

ファンタシースターユニバース、待望のβトライアル!

セガ,「ファンタシースターユニバース」クローズβトライアルテスターの募集を開始(4Gamer.net)
4月4日から17日まで募集。数は1万人。PC のみ。延期 → トライアルって流れはある意味シナリオどおりというか、ネトゲでβやらないってのは、あり得ないですから。最初のスケジュールがどれだけムリだったんだ?ていう気もするけどね。今日はこのニュースだけでご飯3倍はいけそうデス。

「GE」,置鮎龍太郎,田中理恵,野川さくらなど20人の声優を起用(4Gamer.net)
このゲームに欠けていた萌え要素を声優で補完って感じかな? NPC との対話は元々ボイスナシという仕様だったので、吹き替えではなくてボイスが追加されたという形になるんだけど、このゲームの NPC は個性的というかキャラが強烈なので、相乗効果も高そうですヨ。あと、昨日の午前頃?から公式サイトが Firefox に対応しましたね。苦情に対する対応も早くてイイ感じ。

グラナド・エスパダ、アンドレ迎入条件と純白のローブ!(GameAbout:韓国)
GE のネタ探してたら見つけたのでメモ。韓国テストサーバにアンドレのクエストと NPC 迎入条件が追加されたようです。

【クエスト】
「純白の料理」を作るために必要な材料、フェルッチオミルク、豚肉、パスタ、チーズを集める。豚肉はボナビスタ支流にいるエリート縞模様イノシシから、残りはコインブラの食料品商人カミーユから。材料をパンファルロドナルドバイスに渡すと「カルボナーラ」を作ってくれる。「カルボナーラ」をアンドレに渡すとクリア。「純白のローブ」と「純白の杖」を貰える。それぞれレベル60制限のユニークアイテム。

【NPC 迎入条件】
コカトリスの「腕色羽毛」800個が必要。コカトリスは現在未実装のモンスター。

アンドレはモデルになった実在の人物がいるそうです。韓国のファッションデザイナーだとか。
posted by ゆーし at 01:24| Comment(4) | TrackBack(0) | オンラインゲーム

2006年04月02日

ギルドウォーズ、ちょっとだけアップデート。

ギルド ウォーズ ストーリー アップデート 3/30(GW 公式)
コレの意味が分かったので、ちょっとメモ。C2 との連動要素の一環っぽい。

blog06040205.jpg

blog06040201.jpg blog06040202.jpg

ラクソンの集落ができていました。妙なトコロに塔があるな〜と思ったら、C2 でお披露目されたでっかいカメがいましたヨ。位置は集落のやや南東です。ていうか、ココのクエスト難しかったので残してたんだけど、ボス倒していないのに完了してしまいました。恐らく置き換えられてて、新規には受けられません。

blog06040206.jpg

blog06040203.jpg blog06040204.jpg

北にはカーツの集落も。ココも以前は別のクエストのボスがいました。ていうか、置き換えられる前のボスクエストの難易度、かなり高かったですね。

このアップデートでは、この2つの集落用のクエストが新しく追加された模様です。クエストはライオンアーチの NPC で受けられました。簡単なわりに報酬が多いのでやってみてね。ラクソンとカーツの報酬も貰えます。使い道ないケド。
posted by ゆーし at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Guild Wars