2005年12月31日

ゆくネトゲ、くるネトゲ…。

今日は大晦日ということで、ソレっぽいネタでも。

毎年この時期には「10大ニュース」ってのがメディアをにぎわせます。ゲーム業界全体ではプレステ3の発表や、ニンテンドー DS のヒットなどが挙がっていますけど、じゃあ、ネトゲ業界限定で見た場合、今年の10大ニュースって何でしょう? とりあえず、ネトゲに詳しい 4Gamer.net の記事を参考にしてみましょう。

2005年版4Gamer記事ヒット数ベスト100!(4Gamer.net)
コチラの記事を見ると、今年は国産タイトルの注目度が高かったのカナ〜?という印象ですね。2〜3年前は韓国産のタイトルばかりが目に付いていましたけど、現在テスト中のタイトルを含めて期待できそうな国産タイトルが増えてきました。韓国産のビッグタイトルもグラナド・エスパダ、ラグナロク2などが控えていてコチラも注目度が高いです。

そんな感じで、今年はどんなネトゲの流行り廃りがあったのかナ〜?と調べてみようかと思ったんだけど、ちょうどイイ年表があったのでちと拝借。

MMOサービス開始年表(MMO総合研究所)
大航海時代 Online、マビノギ、エバークエストII、エミル・クロニクル・オンライン…など、今をときめくビッグタイトルが名を連ねていますね。コレは正式サービスインの日付けで並べてあるようだけど、もちろんコレ以外にもテスト中だったり開発中のタイトルも多数アリ。う〜ん、2005年はなかなか豊作だったのカナ? むしろ、この年表見て初めて「あ、こんなのあったんだ?」てなタイトルもありますけど。エミル・クロニクル・オンラインは、発表からサービス開始までがかなり早くて驚かされました。

MMOサービス終了年表(MMO総合研究所)
市場は確実に大きくなっているようだけど、それに比例してかサービス終了タイトル(予定含む)も増加してマス。盛者必衰というか、なかなか厳しい世界ですね。何気にスクエニのタイトルが目立つような…? ちなみに、ドラゴンラージャは2003年にサービス終了していたのですが、今年になって運営会社を変えて復活。こういう珍しいパターンもあるみたい。

ああそうね、10大ニュースを選ぶのね。こう書くと身もフタもないんだけれど、特にナシ! ビッグニュースというか印象に残ったニュースが無かったんですヨ。確か韓国ではグラヴィティ売却がトップに選ばれていたけれど、日本ではさほど話題にもなりませんでしたし。ていうか、停滞期? まぁ、個人的にっていう意味では…

  1. PSU の発売日決定!
  2. PSU のサーバ共有確定!
  3. PSU の…(もう良いですか、そうですか)
  4. ファンタジーアースのβに参加。
  5. グラナド・エスパダのβに参加。
  6. TGS 2005 でラグナロクII情報公開。
  7. 基本プレイ料金無料、アイテム課金大流行。
  8. 不正行為と RMT 問題。
  9. GC 版ファイアーエムブレム発売(いや、ネトゲじゃないし)
  10. オンラインコミュニテインメント(なんだそりゃ)

2〜3年前はβテストがあれば積極的に申し込んでいましたけど、今年はそういう食指の動くタイトル自体少なかったカナ? テスト権貰っても参加しなかったタイトルもありますし。まぁ、そんな感じで振り返るのはこの程度にして…来年はどうなるの?っていう話でも。

どうもネトゲの本場である韓国の流れがやや遅れて日本にも流れてくるという傾向があるようで、今年もシッカリその流れを受けていました。アイテム課金であるとか、呼び戻しキャンペーンであるとか。今年韓国ではゲームポータル事業、カジュアル系タイトルの躍進などがニュースとして挙がっていましたので、そういう流れが来年の早い段階で日本にも入ってくると思われます。あとは、期待も込めて国産タイトルのさらなる躍進。とりあえず、年始はファンタシースターユニバース、ファンタジーアース、モンスターハンター2、ときめきメモリアル Online などツブ揃いですね。あとは、ギルドウォーズ、グラナド・エスパダなど対人戦に比重を置いたタイトルも増えそうで、コチラも流行するかどうか注目。

それでは(これを書いている時点でほとんど2006年に片足を突っ込んでいますけど)、良いお年を〜!
posted by ゆーし at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | オンラインゲーム

2005年12月30日

マウス買いました。

12月頭にどっちにしようか迷ってるとか書いたけど、結局買った機種は MX-610(SV) です。新製品というのと、お値段もお手ごろというのが決め手になりました。それと、やっぱりコードレスというのを試してみたくなりまして。

使い勝手とかは以下のレビューが詳しいのでソッチ見てください。ハイ終わり。
メール/IM着信を知らせるレーザーマウス──ロジクール「MX610 Laser Cordless Mouse」(ITmedia +D PCUPdate)

ていうか、ちょっとだけ書きますヨ。

ボタンについて。
サイドの2ボタンは普通に押しやすいです。コレはデフォルトどおりブラウザの [戻る/進む] に割り当てています。あとのボタンは記事などの写真を見れば分かると思いますけど、全部押しにくい位置。まぁ、メール着信機能とか使う必要性もないので適当に。双方向通信の存在価値って一体? ホイールはカタカタ音がする歯車タイプで、軽〜く回せます。ただ、ホイールボタン(中ボタン)がちょっと堅いんですよね。IE 使用時にはあまり関係ないけど、Firefox では酷使するボタンなので、ややマイナス点としておきます。

バッテリーについて。
とりあえず、電池1本でも駆動します。公称では電池の寿命は約3か月と書かれていましたけど、もう無くなりました(笑) 付属電池2本使用で。いやぁ、単に使いすぎというか FE やりすぎという説もありますけど〜さておき。11日から使い始めて、アラートが出たのが27日。完全に沈黙したのが30日の午前です。付属電池は DURACELL のアルカリ単三が2本でした。中国製の。そんな感じでなんとも言えないので、今度新品の電池でどのくらい持つか調べてみます。ちなみに、アラートが出ると中央のバッテリーランプが赤色に点滅します。パチパチした点滅じゃなくて、もわぁ〜って感じでゆっくり光るのね。ホタルっぽく。カッコイイんだけど、かえって電池の消耗を促進するのでムダな機能かも(笑)

その他。
このマウス、バッテリーを長持ちさせるためなのか、スリープに入るのが早いみたいなんですよね。ていうか、もう電池切れましたけど! そんなワケで、スリープ復帰時のカーソルの遅延がやや感じられます。ワイヤレスの宿命とは言いますけど、ソレが起きる頻度が高いんです。普通のブラウジングなどではさほど気になるレベルではないんだけど、例えば FE とか。このゲーム、主にパッドで操作していて、時々マウスの出番がくるワケだけど、時たま反応が遅いことがあるんですよね。コンマ何秒?というレベルですけど、戦場ではそれが命取りになる場合もあるのです。私は FPS ってプレイしないので良く分からないんだけど、マウスのせいでとっさに動けなくて死んでしまった!とか、狙いが外れて倒せなかった!なんてことがあれば、ストレスが溜まると思うんですよ。そんな感じで、ハードコアゲーマーの方々にはこのマウス、ちょっとオススメできないかも。せっかくソフト(SetPoint)に「ゲームモード」の検出機能があるんだから、ゲーム中はスリープに入らない、もしくは入るまでの時間を長くするといった設定ができるようにして欲しいかな。

とは言うもの、コードレスの便利さの前には、遅延なんてのは些細なデメリットにしか感じられません。そのぐらい世界が違います。

それと、今回マウスパッドもヘタっていたので、究極セットの特大版(エアパッド、ソール付き)ってのを合わせて購入しました。コレで快適にならなかったら暴れるヨ?ってぐらい値が張るアイテムです。ええ、文句ナシの素晴らしい使用感でアリマス。コレは普通にオススメ。
posted by ゆーし at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2005年12月28日

ファンタジーアース cB2(15)

今回は最終日の様子です。

ていうか、ログインしたときは今日は最終日の前日だとカンチガイしてまして、あと1日あれば1つレベルを上げられるかな〜、てな感じで普通に戦争とかやってましたヨ。

blog05122506.jpg

レベル20から装備できる杖を買ってみたり。あと1つ上げてレベル21になれば、また装備のグレードアップができるんですよ。ワクワクモノです。さて、もうひと稼ぎしますか〜!と張り切っていますと…

22:00ピッタリに「モンスター襲撃」を告げる GM アナウンス光臨。このとき初めて今置かれている状況に! ああ、そうか、今日で終わりなんだネ…。とりあえず人が集まっているマップに行ってみると、なにやら King_Griffon Lv53 とかいうデカイモンスターと戦闘中。なるほど、ネトゲイベントではおなじみの「みんなで強いモンスターを殴ろう大会」が始まったようです。その後も通常マップには出現しない高レベルモンスターが沸きまくり!

blog05122501.jpg

例の1発終了ゴウショウハを放ってくる妖精もワラワラと出現。中でも高レベル妖精の「タイタニア」ちゃんには、3万ほどあった経験値を0にされました(笑) ていうか、復活地点周辺で飛び回るのは反則ですヨ…。

blog05122504.jpg blog05122503.jpg

BARBATOS Lv70 を40人ぐらいで殴ってるトコロ。こんなにでかいクセに HP が減ると逃走モードに入るという、ヤル気があるのないのか良く分からないモンスターでした。その後もデカブツ系のモンスターが出てたようなんだけど、飽きて戦場に戻ったので見てませんデス。

そんな感じで、モンスター襲撃イベントは3時間ほど続きました。確かに強力なモンスターが色々と実装されているのは分かったのですけど、アレを普通に倒せるようになるには、一体どこまでレベルを上げば良いのかとか、それを想定してバランシングしていくのかとか、そもそもコレは戦争ゲームじゃないのかとか色々と思考がネガティヴな方向に向かっちゃいます。できれば、モンスターとの戦争とかスクエニ開発チームとの戦争とか…って、ちょっとムリそうだけど…とにかく、何らかの形で戦争システムを活かしたイベントでアピールして欲しかったかな。

blog05122507.jpg

その後は終了時間まで戦争を満喫。もはや戦う理由が何なのか分かりません。気がつけば中央大陸環状線計画が進んでるし(笑)

blog05122508.jpg

ていうか、やっぱり玉入れはヒマですよね。

今回、RvR タイプのゲームは初参加だったので、コレがウワサの新機軸なのかナ〜?と感じられる部分はありましたし、人数やクラス的にバランスが保たれている状況での戦争ではアツクなれました。インタビュー記事などで開発側は、50vs50 の楽しさをアピールしていたように思いますけど、そういった開発者が想定しているレールから外れると途端に面白くなくなってしまう危うさも感じられました。その顕著な例が「玉入れ」。対人戦というのは相手が存在して初めて成立するモノ。50vs0なんて状況が頻繁に発生するのは、かなり問題があります。要するに戦争に参加させるための動機付けが弱いんですよね。参加しても特にメリットがない状態で入ってくるプレイヤーがいるワケがありません。なぜ1チームの最大参加人数が50人なのか、どういう基準で50人なのか、何か意味があっての50人なのかというと、恐らくタダなんとなく処理可能でキリが良い数字ということで決められているのでは?と疑ってしまいます。例えば参加人数の上限が1チーム20人ならば、最大でも人数差は20人ですので、これなら戦争開始時に極端な人数差は生じ難くなりますし、途中参加もしやすくなるでしょう。単に多ければ良いというモノでもないのです。別に最大50人でも良いのですが(基本的に参加人数が多いほうが楽しさは高まりますし)、状況によってはそれ以下の参加人数でも楽しめるように、自然と調整されるシステムを用意しておく必要があります。

そして終わりのない戦争。現在はエリアを取ったり取られたりで領地を奪い合うだけのシステムなので、取られた場合もあとですぐ取り返せるからイイヤという感じになるんですよね。2次で街の周辺に安全エリアが設けられたので滅亡することもなくなりましたし。これを何度も繰り返していくと、戦争の目的自体が希薄になっていく恐れがあります。そして過疎スパイラルへ。だから、そういう方向性ではなくて、国を滅亡させちゃっても良いんです。市街戦もアリで。ただ、一定期間で戦争を集結させて領地をリセットすると。野球のペナントレースのように優勝チームを決めるといった形です。そして、優勝国には特典を与えたり、過去に何回トップになったかというランク付けをするワケです。個人に対しても、1シーズン終了時に一定の条件を満たしていれば、期間限定で移住(トレード)可能にしたり。そんな感じで、様々な面から参加者のモチベーションを高める要素を入れておく必要があると思います。

まぁ、テスト段階なので今後の調整に期待しておきましょう。期待はできる内容です。

blog05122509.jpg

ナイト3体の護衛付きで休憩中。いや、実は3体とも敵のナイトだけど。クリスタルも譲って頂きました。強引に(笑)

ナイト同士の一騎打ちという状況になることがあるんだけど、コレがなかなかアツイ。召喚中はユニットの性能がキャラクターの能力に関係なく同じになりますから、単純にアクションゲームとしての腕が試されるのですヨ。ナイト同士だと与えられるダメージも大きいので、なんとも言えない緊迫感があります。

blog05122510.jpg blog05122511.jpg

終了間際の獣国との戦闘中に敵味方同士で記念撮影でもという話を振ったのですが、ちょっと間が悪かったですね…。あと少しというタイミングでサーバが落ちてしまいました。中途半端な終わり方になってしまってゴメンナサイ。

blog05122502.jpg

最終ステータスです。時間があれば確実に21まで上げていたハズ。ええ、我ながら凄まじいモチベーションの高さだと思いマス(笑)

blog05122505.jpg

てなわけで、ファンタジーアース2次βテストレポートは、異常をもって終了となります。ご拝読ありがとうございました。3次テストでまたお会いしましょう。(終わり)
posted by ゆーし at 19:12| Comment(2) | TrackBack(0) | FANTASY EARTH

2005年12月26日

ファンタジーアース cB2(14)

今回は13日目〜16日目の様子です。

みょ〜に日数が詰まってますけど、一気に過疎化が進みましてね…戦争に参加するのもなかなかムヅカシイ状況になってまいりました。国別対抗戦という形だった戦争も、人数が揃わなくて多国籍軍同士の対決という形に移行。戦場も人が集まりやすい中央大陸付近で2〜3戦行われている程度です。対人戦が売りのゲームだけに、人が居ないとお話になりませんヨ。過疎が過疎を呼ぶ、過疎スパイラル。

しかし、このような厳しい状況でも毎日テストに参加している私のような方はタダの暇じ…いや、テスターのカガミと言っても過言ではないでしょう! スクエニさん、製品版が発売されたアカツキにはパッケージを、ぜひ!タダで!(PSU 買うけどネ)

14日目には3度目のパッチが適用されました。弓スカウトの強化と、援軍要請コマンドの追加です。(別記事参照

戦争では武器の消費も激しいし、回復アイテムもたくさん必要。ある程度の資金がないと戦争では活躍できないのです。しかし、この資金は戦争で一切手に入りません。で、仕方なくモンスターを狩るハメになるのですけれど、実はある程度レベルが高くなってくると、経験値もモンスターを狩ったほうが効率よく稼げるんですよね。効率だけを求めるなら、モブ狩りだけをするのがある意味正解。とはいえ、公式からリンクされているブログの中の人は、また極端なプレイスタイルな気もしますけど…(笑)(記事参照

あと1つ上げてレベル17になると装備のグレードアップができるので、ガンバってゴブリンを狩りまくってみます。ゴブリンは経験値は少ないんだけど、ほぼダメージを受けずに狩り続けられるんで効率が良いんですヨ。ちなみに、モンスターはある程度ダメージを与えると逃走モードに入って、その辺をランダムで動き回るだけの状態になります。一切攻撃もしてきません。でも、種族のリーダー格だけは倒されるまで執拗に攻撃してきます。逆に倒しやすいけどね。

blog05122201.jpg blog05122301.jpg

コレがレベル17装備。ようやく暑苦しいレベル9装備を外せる〜って、良く見ると色違いじゃないですか。ううむ。流石にあの装備は見飽きたので、見た目重視でスカートをコーディネートしてみます。まぁ、実は間違ってレベル13装備を購入しちゃっただけなんだけどネ…(笑) ちなみに、赤いメガネは戦闘報酬でマレに貰えるレアアイテムです。自力では取ったことがないので、頂きモノ。

blog05122304.jpg blog05122202.jpg

このゲーム、対モンスター戦では強烈にレベル補正が入るっぽくて、1つレベルが上がっただけで与ダメージが大幅に増加するんですよね。てなわけで、オークも安全に狩れる状態になったので、ゴブリン沼から狩り場を変更。オークはゴブリンに比べると動きが遅いので、逃走モードに入っても仕留めやすいです。あと、オークのリーダー格 Orc_Chieftain ってのが固定で600ゴールドぐらい落とすので、数時間も狩れば一気にブルジョワになれマス。

実装されているモンスターの中に妖精っぽいのがいまして。見た目もかなり小さいし、普通「あ、なんか弱そ〜」って感じで、とりあえず攻撃しますよね?

blog05122303.jpg

なんだかモノスゴイ勢いで巨大な火の弾とか乱れ撃ちしてきやがりましたヨ。避けれません。ほぼゴウショウハです。ていうか撃たれた時点で終了。妙にモデリングが細かいので、本当はもっとアップでじっ〜くり撮影したかったんだけど、近寄ることすら困難デス。

blog05122302.jpg

そうそう、スキルの話。ソーサラーの魔法はファイア、アイス、サンダーの3系統に分かれているんだけど、私はファイア系オンリーで取りました。ファイア系はヒットすると対象をバーニング(火傷)状態にできるという特徴があります。バーニング状態にすれば一定量の HP を確実に削ることができますが、HP が1残るので仕留めることはできません。しかもバーニングを受けると、たいていの方は逃げて回復しようとするので、戦争で Kill を取れるのはマレです。あと、習得スキルを使用するためには、あらかじめ「詠唱モード」にしておく必要があって、詠唱が切れると基本魔法攻撃(低威力の魔法弾)しかできなくなります。てなわけで、各スキルの使用感など。

blog05122305.jpg

【ファイアランス】
ファイア系の基本魔法。狙った方向に火の弾を放ちます。弾速がやや遅いので、動いている標的には当て難いですね。ヒット時のノックバックがないので、間合いを引き離すことはできません。連打が効くメインウェポンです。

blog05122306.jpg

【スパークフレア】
ファイア系の中位魔法。ターゲット地点に向けて火球を撃ち込み、着弾地点から一定範囲を爆炎で包みます。見た目は派手だけど威力は低め。当たる範囲も見た目より狭い感じです(爆炎球の前半分のみ)。範囲魔法なので、戦争では後方支援的な用途で使用。バーニングで削った逃走モードのモンスターを仕留めるときに使用するのも良し。

blog05122307.jpg

【ヘルファイア】
ファイア系の上位魔法。使用者前方の狭い範囲に高威力の火炎を放ちます。バーニングのダメージも大きめ。前方約180度に当たり判定があるみたいで、目の前に敵がいれば、まず外すことはありません。発動前と発動後のスキもほとんど皆無です。などと書くと優秀な魔法みたいだけど、ソーサラーで接近戦というのはリスクが大きいので、下手に狙って突っ込んでいくと確実に返り討ちに会います。ていうか会いました。せめてダウン効果があれば間合いを離せるのに…と思うのですけど、ちょっと強すぎ…?(笑)

突発企画、戦場写真集コーナー!

blog05122401.jpg

戦士たちの黄昏。なんか前にも似たような写真があったような気がしますけど、どうしてもバックに太陽が出ているとシャッターを切りたくなってしまう性分でして…。

blog05122402.jpg

シュシュッと参上! ハイそれだけです。

blog05122403.jpg

貴様らの思うようにはさせぬッ! 実は全部味方のジャイアントです(笑)

blog05122404.jpg

謎のオブジェを発見? キープの下半分ってこうなっていたんですね。それにしても、変なトコロに建てるなぁ。

そんな感じで、次回はいよいよ最終日の模様をお届けします。(続く)
posted by ゆーし at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | FANTASY EARTH

「ファンタジーアース」β版 更新のお知らせ(12/22)

下記日時におきまして、「ファンタジーアース ザ リング オブ ドミニオン」β版のバージョンアップを実施いたしました。続きを読む
posted by ゆーし at 23:26| FANTASY EARTH

2005年12月21日

ファンタジーアース cB2(13)

今回は11日目と12日目の様子です。

11日目は3次テスターの募集と、2次テストの終了日がアナウンスされました。2次キャラクターのワイプも決定です。てなわけで、ちょっと過疎り気味ではありますが、お構いなしにテスターとしての責務を果たしていく所存でアリマス!

このゲーム、なんとなく PSO をホウフツさせる部分があるんですヨ。いやぁ、ジャンルとか全然違うんだけど〜、なんというかこう、空いているマップを探して乱入するトコロとか、街へ戻って準備をするトコロとかね。1回の戦争に要する時間も45分程度とダレない程度の長さなので、それほど気疲れする部分もないですね。玉入れは別だけど…(笑)

さて、初日以降、北の獣国とばかりヤリあっていたのですが、獣国が中央狙いにシフトしているというのもあって、東のゲブランド帝国との交戦が増えてきました。コチラはカセドリアと同じく、1次テストから開放されていた国家のようです。因縁のライバルという感じ? なんとなくアツイ戦いが期待できそう。

blog05121901.jpg

国境付近のジャコル丘陵が奪われてしまったので、奪還作戦展開中。こういう拮抗した展開になると、本当に楽しいですネ(上部のゲージに注目)。それにしても、この橋どこかで見覚えが…? ていうか、このマップ、よく見ると始まりの大地と全く同じです。むしろ、始まりの大地のすぐ右隣のマップも同じでした。要するに使い回しが多いんですよね。せっかく各マップには曰くありげな名称が付けられているのに、マップの地形がソレっぽくないのはちょっと頂けません。

先日のパッチで召喚に必要なクリスタルが大幅に増えたということで、クリスタル銀行をやってくれる方の存在が重要になってきました。戦場にはおもむかず、ひたすら拠点でクリスタルを貰ったり渡したりの地味な仕事ですけど、これをやってくれる方が居ると早い段階で召喚獣をドンドン出せますので、展開が楽になります。戦場ではこういった後方支援も重要な任務なのです。

後方支援といえば、このゲームにはいわゆる回復担当クラスがないんですよね。企画にはあったようですけど、回復クラスがいる側が有利すぎてバランス的に問題があるとかでボツになったみたい。回復は各自リジェネ(回復量にディレイがあるポーション)を飲んでガンバってください、という仕様になってマス。ただ、このリジェネ、購入価格が安いうえに基本的に所持制限個数がありません。スタックで99個にまとめても、まだ持てます。普通にアクションゲームで回復手段がほぼ無限にあるというのは、かなりヌルイというかあり得ない仕様。ちなみに、召喚中はアイテムが使えないので、ダメージを受けたら回復する手段は一切ありません。コレはコレで厳しいのですけど、むしろこのぐらいの緊張感が戦場にはふさわしいのですヨ。

じゃあ、現在の3クラスでバランスが保たれているかというと、ソレも微妙。どのゲームでもそうですけど、ソードマン系職業は接近戦に強くて、装甲の薄いアーチャー系、マジシャン系職業は張り付かれるとまず勝てません。逆にアーチャー系、マジシャン系職業は遠〜中間距離が得意。矢や魔法で牽制して、接近戦に持ち込ませないようにするというカケヒキが生まれるわけですね。このゲームの場合、ソードマン系のウォリアー(両手装備)には飛びかかって斬りつけるという強力なスキルがありまして、その跳躍距離がかなり長いんです。横から見ていると良く判るんですけど、恐らく走り幅跳び世界新記録をアッサリ越えています。ええ、視界に入ってきただけで張り付かれモード確定です。カケヒキも何もありません。そんな感じで、必然的に両手ウォリアーが多い側が有利な展開になってしまいます。

blog05122001.jpg

何気にカセドリアが始まりの大地を制圧! すぐ奪われましたけど…(笑) 人が減ったので、ほぼこの周辺でしか戦争は起きないという状況になりつつあります。

blog05122002.jpg

報酬もたくさん頂きました。リンゴとかベーコンとかの回復アイテムばっかりね。マレにレアアイテムのメガネが手に入るらしいのですけど、ランキングで上位に入らないとムリっぽい?

blog05122003.jpg

レベルも上がったので、上位魔法のヘルファイアを習得。ダメージの数値を見ると、とんでもない威力がありそうです。とりあえず、モンスター相手に検証してみますか。(続く)
posted by ゆーし at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | FANTASY EARTH

2005年12月20日

ファンタジーアース cB2(12)

今回は10日目の様子です。

珍しく17:00頃と早めにログインしたので、かなり多くの戦争を渡り歩くことができました。そして、勝ち戦も多かった! そう、今日のカセドリアはすこぶる調子が良かったのです。まぁ、獣国の方々が中央大陸へ目標を変えているようなので、そのオカゲというのもありますけどね…(笑) そんな感じで、カセドリア本土大陸も緑化状態を維持。いよいよ中央大陸へ進出を試みます。

中央大陸はその名のとおり、各国の本土大陸の中央に位置する大陸。自然と各国の勢力がぶつかり合うことになります。そして、この大陸の中央に位置するマップは「始まりの大地」。この世界のど真ん中だし、意味深な名前ということもあってか、かなりの人気スポットで、常時戦争が行われているという感じです。

blog05121801.jpg

初めて立ち入る始まりの大地にて。う〜ん、思ったより普通ね? 特に変わった石像などのオブジェがあったりするわけでもなく。ちょっと期待ハズレかな?

このゲームでは隣接しているマップだと、戦争当事国以外からでも援軍という形で参加することができるんですね。参加時に攻撃側か防衛側かを選べます。戦争前に別の国同士でパーティを組んでいた場合は、リーダーの意思が反映されるので、メンバーが敵対関係になってしまう場合は自動的にパーティから抜けてしまうことになります。キープ(砦)を建てた国が攻撃側に立つことになるのですけど、始まりの大地の場合はどこの国も攻めたい! まぁ、要するに早い者勝ちですネ。

blog05121802.jpg

てなわけで、戦闘開始! カセドリアが攻撃側になりました。対するはホルデイン国。例のミニスカ騎士娘の国です(通称乳国)。獣国以外の戦争には初参加です。なんだか見覚えのある赤いマークも見えますけど…(笑) その後の展開はというと、支配領域はほぼ互角だったのですが、相手の勢いが凄まじくて食い止めるので精一杯という感じに。この橋のある辺りで、押しつ戻されつの攻防戦が繰り広げられました。そして戦争終結。惜しくも始まりの大地を治めることはできませんでした。

blog05121803.jpg

その後も戦争三昧。今日は中央大陸に足がかりがあるということで、他国間の戦争にも何度が援軍として参加しました。他の国の雰囲気とか戦略をスパイするという狙いもあります…(笑) 色々と勉強させて頂きました。

blog05121804.jpg

久々にナイトになって走り回ってみました。なかなか楽しい〜。適当に走り回るだけでも、それなりにかく乱できますし(笑)

今まで、リジェネレート(HP 回復薬)を戦場に持ち込んでいたのは、戦争の報酬として貰った分ぐらいだったのですけど、なんとお店で意外と安く買えることが判明! 10個で550ゴールド。安ッ! そんなわけで、今までいかにムダ死にが多かったか良く分かりました…ほんまスイマセン。

blog05121805.jpg

国には防衛目標というのが設定されていて、指定マップを一定時間防衛すると、物価が安くなったり、特別なアイテムがお店に並ぶといったメリットがあります。勝てばリングも増えるし物価も安くなる…勝てば勝つほど有利になっていくというシステムなんですね。で、カセドリアの場合は…割引きは0%です。たぶん目標を達成したことがないのでしょう…。あの安いポーションも他国の場合はもっと安く買えることが想像できるワケで…負けが込むと財政面からも厳しくなるというのが現状です。

てなわけで、今日はリングもそれなりに増加。他国の勝ち戦に乗ったってのも多々ありますけど…(笑) 他国で見てきた戦略も活かしつつ、カセドリア復興に向けてガンバリマス。(続く)
posted by ゆーし at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | FANTASY EARTH

2005年12月19日

ファンタジーアース cB2(11)

今回は9日目の様子です。

9日目は負荷テストがありました。いよいよ製品化に向けての最終調整段階に入ってきたのかナ? ていうか、今のバランスで本当に発売するのか〜?

blog05121701.jpg

負荷テストは21:00開始23:00頃終了と、ちょっと長めのスケジュール。何をやるのかと待ち構えていると、GM アナウンス光臨。GM の指示どおりに同時ログイン・ログアウトなどを行えば良いみたい。なるほど。負荷テストの名の通りに、極端な負荷がかかりそうな内容ばかりです。あまり面白くはなさそうですけど、これもテスターの重要な役目。とりあえず参加しますか。ちなみに、このゲームの GM アナウンス(天の声)は画面の、ど真ん中にかなりのスペースを割いて表示されます。ええ、戦争中に出されると激しく見づらいデス…。

blog05121702.jpg

各チャットチャンネルごとに、同時に長文のメッセージを送信するというテストがちょっと面白かったかな? 戦場でのうっぷんを晴らさんばかりの勢いで、凄まじい量のログが流れていきマス…(笑) テストということでログイン人数は少なめだったのですが、やはり強烈な負荷をかけただけあって、初日並みの waiting オンライン状態が頻発しました。そんな感じで、負荷テストはつつがなく終了。

街で宝石を配っている人がいました。宝石ってまだ拾ったことがないし、種類や用途も知りません。でも貰います。とりあえず2個。どうやら、装備品に「エンチャント」することで能力値を上げられるみたいです。要するに合成ですね。エンチャントは専用の NPC でやってくれるそうなので、さっそく試してみます。なんと、2個とも +1 化に成功! いや、普通なのかな…? このゲームの +1 がどの程度の効果があるのか不明ですけど、とにかく(ほとんどタダで)強化されたことは確かです。ちなみに、エンチャントは必ず成功するわけではなくて、宝石の種類によっては失敗することもあるみたい。

定着しつつある戦略について。戦争ではなんと言っても序盤のオベリスク建てが重要なのですが、そのためには、いかにクリスタルを効率よく集めるかがポイントです。クリスタルの採取速度は最初はかなりのスピードなのですが、個数が増えるごとにだんだん遅くなっていきます。1人でオベリスク建てに必要な15個まで溜まるのを待っていると、かなりの時間を要するんですよね。そのため、5個ぐらい溜まったら、隣りの人にどんどんトレードで渡して素早く集めていくってのが序盤の戦略として定着しつつあります。トレードは基本的に無言で出して、トレードを受けた側が受け取るという形です。それと、クリスタルの管理というか倉庫担当の人がいるとかなり便利。クリスタルは個人採取では20個が所持上限ですけど、トレードなら50個まで持てます。要らないクリスタルは倉庫の方に預けて、欲しい時は個数を言って貰うという形です。中にはこの戦略を利用して、敵側の陣地内にハイドで忍び寄って、「クリスタル○○個ください」と言いつつトレード出して、ちゃっかり奪っていく方もいるとか。う〜ん、なかなかウマイ手を考えたモノです…(笑)

てな感じで、相変わらず戦争が楽しいこのゲーム。モンスター狩りは、お金を稼ぐときしかやっていませんねぇ。狩っているのも、いまだに自分よりレベルの低いゴブリンだし。狩りの部分も、もう少し楽しめる要素が欲しいかな〜と思う今日この頃です。(続く)
posted by ゆーし at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | FANTASY EARTH

2005年12月17日

ファンタジーアース cB2(10)

この連載(連載?)も10回目。なんだかんだでイイ具合にハマってますね〜。ていうか、FE という略称が許されるのはファイアーエムブレムだけ!と豪語している人が、うっかり FE とか略しちゃってるし、いやほんとスイマセン。むしろ、FE をグーグルで検索すると「ファンタジーアース公式サイト」がトップってどういうこと!?ありえないからありえないから、おい貴様ァ、歯を食いしばれ!!うわ〜ん。

てなわけで、今回は7日目と8日目の様子です。


7日目はちょっとしかプレイしていないのでネタがありません。戦争も2回しか参加していないし。2回やっている時点で十分じゃないかという気もしますけど…(笑)

blog05121601.jpg

今回は武器について。武器には耐久度が設定されています。1回攻撃を放つごとにどんどん減っていって、0になるとスキルが一切使えなくなっちゃいます。耐久度は専門の NPC で修理すればまた回復。戦争に行くとすぐに傷んでしまうし、スキルが使えないと死ぬしかありませんので、常に2本ぐらい持ち歩く必要ありです。で、前回購入したこの杖なんですけど、修理費用がかなり高いんですよね。1レベルから装備できる杖の場合は10ゴールド程度なんですが、この杖は600ゴールドもかかります。ただでさえお金が貯まらないのに、コレはちょっとツライ。てなわけで、モンスター狩りではレベル1の杖を使用中。

そして、8日目。ついに発売日が決定しました。(4Gamer.net 記事

なんと、PSU とモンスターハンター2の発売日の1週間後です。いやぁ、さすがに普通に PSU に行っちゃってると思うし〜予約済みだし〜。スクエニさん、今まで本当にありがとうございました。応援しています!

てなわけで、まだまだ(TV 番組ラスト5分頃の用法で)戦争は続きます。

今日はまたパッチが来ました。今回はログイン前に内容を把握。ますますナイトの対召喚ユニットさが強調された模様です。(別記事参照

blog05121602.jpg

さて、我がカセドリアの国情なのですけど、前回書いたとおりかなり負けが込んでいて、その勝率は約3割程度。攻め側が有利と言われているこのゲームで、攻め込んで圧倒的に有利な場面からでも押し返されたり、支配地域が多いのになぜか負けてしまったり。今日は敗戦後、首都に170人ぐらいずっと集まってて、延々と作戦会議、ていうかグチこぼし大会?な一幕もありました。個人的にこういう「どうすれば勝てるんだ?」的な状況には慣れっこなので、逆に燃えてきたりするワケですけどネ。

blog05121603.jpg

こういう「玉入れオンライン」状態でも、獣国ことネツァワルの方々は平気でドンドン加勢に来られます。こういう勢いは、今のカセドリアにはあり得ないです。なんだか国によってハッキリ個性が出ているというか、プレイヤーのプレイスタイルが似たような方が集まっているというのもこのゲームの面白いトコロ。国を選ぶ時に出るたった1枚のイラストと短い紹介文で、しっかり性格を見抜かれちゃってマス。ううむ、スクエニ恐るべし。

blog05121604.jpg

今日はまた、特にこっぴどくヤラレました。自国の大陸マップすら自由に行き来できないカセドリア民…。そんなわけで、兵士の志気もちょっと後ろ向きなんですけれど、お互いにレベル上げを助け合ったり、無償で回復アイテムを配布したりと目に見えない連帯感というのも生まれています。参加しているだけで、なんとなく一体感が味わえるというのも、他の RPG 系のネトゲでは味わえない魅力かも。

blog05121605.jpg

レベルも上がったので新しい装備を購入。装備品にはお金だけではなくリングが必要なモノもあって、通常のショップ品より能力値も高かったりします。リングは戦争で勝たないと貰えないので、レベルを上げても装備をそろえるのはちょっと大変。特にカセドリアではネ…(笑)

てなわけで、カセドリア民としての次なる目標は大陸奪還! そして中央大陸への進出かな。中央大陸には、まだ見ぬかの地が待っています。(続く)
posted by ゆーし at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | FANTASY EARTH

「ファンタジーアース」β版 更新のお知らせ(12/16)

下記日時におきまして、「ファンタジーアース ザ リング オブ ドミニオン」β版のバージョンアップを実施いたしました。続きを読む
posted by ゆーし at 17:44| FANTASY EARTH